New Relic One user model

New Relic One
user model

In mid-2020, New Relic released a newer user model, referred to as the New Relic One user model. Here are the users on this user model:

If you were a New Relic customer before July 30 2020, your users are likely on our original user model. For more on this, see Pricing and user model changes.

This doc will explain the structure of the New Relic One user model, including:

For how to add and manage users, see User management.

ユーザータイプ:基本およびフル

ユーザータイプにより、ユーザーがアクセスするモニタリングおよび分析機能が決定します。ユーザータイプは、請求での重要な要因です。(ユーザータイプはアカウントの管理者関連の許可を制御するものではなくユーザーグループにより決まることにご注意ください。)

2つのユーザータイプがあります。

  • 基本ユーザー
    • このユーザーは無料で、データのレポートの設定やデータのクエリの実行、カスタムチャートやダッシュボードの作成、アラート通知の設定などの基本的な機能にアクセスできます。このユーザーは、Full-Stack Observability機能にはアクセスできません。詳細については、機能をご覧ください。
    • No matter what group a basic user is assigned to, they always have the capabilities of a basic user: no more and no less.
    • Basic users can upgrade on their own to become full users (with exception of users on original user model). Basic users are prompted to upgrade themselves when they attempt to access a feature available only to full users.
  • フルユーザー:
    • These users are billable and have access to our Full-Stack Observability features, which includes our curated UI experiences, like APM, infrastructure monitoring, browser monitoring, mobile monitoring, and synthetic monitors. 詳細については、機能をご覧ください。
    • The Standard pricing tier includes one free full user and up to five total.

元の価格設定からNew Relic Oneの価格設定に切り替えている場合ユーザーのアップデートについて調べるか、ユーザー関連の請求の計算の詳細を確認してください。

基本ユーザーとフルユーザーについて詳しく理解するには:

フル機能と基本機能の比較

基本ユーザーとフルユーザーの機能の違いは、以下の表に詳細に記載されています。簡単に言って、基本ユーザーはテレメトリーデータプラットフォームインテリジェンスの応用(読み取り専用)機能にアクセスできますが、フルユーザーはそれに加えてFull-Stack Observability機能にアクセスできます。

機能 フルユーザー 基本ユーザー
Full-Stack Observability
(New Relicで構築したUI体験)
アプリケーションパフォーマンスモニター(APM)UI fa-check
InfrastructureモニタリングUI fa-check
Digital Experience Monitoring(Browser、Mobile、Synthetics)UI fa-check
Serverless Monitoring UI fa-check
他のUIを使用してコンテキストにログイン fa-check
Syntheticsチェック fa-check
Infinite TracingのあるNew Relic Edge(テールベースのサンプリング) fa-check
ProおよびEnterprise
New Relic Oneカタログアプリを契約 fa-check
収集、キュレート済みのUI(ディストリビューティッド(分散)トレーシング、Kubernetesクラスターエクスプローラー、ワークロードなど) fa-check
インテリジェンスの応用(AI)
プロアクティブ検知 fa-check fa-check
(読み取り専用)
インシデントインテリジェンス fa-check fa-check
(読み取り専用)
テレメトリデータプラットフォーム
あらゆるソース(メトリックス、イベント、ログ、トレース)からのデータインジェスト fa-check fa-check
アラートと通知 fa-check fa-check
インタラクティブなクエリインタフェース fa-check fa-check
カスタムチャートとダッシュボード(New Relic構築以外) fa-check fa-check
安心の暗号 fa-check fa-check
標準データ保持期間 fa-check fa-check
NerdGraph(GraphQL)API fa-check fa-check
セキュリティとコンプライアンス fa-check fa-check
インテグレーション fa-check fa-check
データ管理 fa-check fa-check
ログUI fa-check fa-check
カスタムのNew Relic Oneアプリを構築 fa-check fa-check

ユーザータイプ(基本とフル)が役割と機能にどのように関連するかの詳細をご覧ください。

ユーザー関連の請求の計算の詳細を確認してください。

ユーザータイプ選択のヒント

あるユーザーをフルユーザーにする理由:

  • アプリケーション開発のライフサイクルの開発やテスト、デプロイメント、メンテナンス段階で重要な役割を担っている。
  • コードを定期的に変更/修正しており、ワークフローのトリアージやトラブルシューティング、チームのユーザーとロールの管理を担当している。
  • DevOps慣行(例:バージョン管理システムと実装CI/CD)を有している。
  • New Relicのキュレート済みのダッシュボードとUIを使用する必要がある(自身のカスタムクエリとチャートの作成だけでなく)。つまり、プラットフォームへのフルアクセスが必要である。
  • ユーザーを管理できる必要がある。

あるユーザーを基本ユーザーにする理由:

  • アプリケーション開発のライフサイクルの企画段階で重要な役割を担っている。
  • New RelicエージェントとAPI、インテグレーションを使用、設定してデータを送信し、そのデータにアクセスして設定し、アラートを使用する(ワークフローのトリアージやトラブルシューティング、チームのユーザーとロールの管理を担当している必要は必ずしもない)。
  • 将来の企画(C-Suiteエグゼクティブなど)のために高いレベルの分析とビジネスメトリックスを望んでいる。
  • 当社のキュレート済みのエクスペリエンスやダッシュボードをを使用する必要はないが、データについて自身のカスタムクエリとチャートの作成を行えればメリットがある。つまり、プラットフォームへのフルアクセスは不要である。 
  • ユーザーを管理していない。

元の価格設定プランからNew Relic Oneの価格設定に切り替えている場合ユーザー転換の方法の詳細を確認してください

ユーザー関連の請求の計算の詳細を確認してください。

Understand user-related billing

For user-related billing calculation details, see Calculations.

使用データのクエリとアラートの方法については、使用データのクエリをご覧ください。

ユーザーグループ

This applies to users on our New Relic One user model. For users on our original user model, see Original user docs.

A user group allows managing multiple users at the same time. Your New Relic users are assigned to a group and that group is granted access to specific roles and specific accounts.

We have two default user groups you can add users to:

  • ユーザー: このグループに誰かを追加すると、モニタリング/分析機能を使用して構成できますが、請求やユーザーの管理などのアカウント関連のタスクは実行できません
  • 管理者: このグループに誰かを追加すると、ユーザーグループの機能が提供され、請求関連の設定の管理やユーザーの管理など、アカウント/組織関連の機能にアクセスできるようになります。

See the roles and capabilities these default groups have.

Pro ティアと Enterprise ティアのアカウントは、独自のカスタムロールとカスタムグループを作成できます。

Roles and capabilities

This applies to users on our New Relic One user model. For users on our original user model, see Original user docs.

Roles are a set of capabilities. A capability is defined as the ability to do a specific New Relic task, like 'Delete alert conditions' (see more examples).

We provide some default standard roles (below). Pro and Enterprise tier accounts can also create custom roles.

Standard roles

Our standard roles are default sets of capabilities that satisfy some commonly needed use cases. These standard roles are assigned to our default Admin and User groups, but you can also assign these roles to a custom group.

Most standard roles have capabilities that are unique and that can't be replicated with a custom role. For example, to assign billing management capabilities to a user, you'd need to assign them the Billing user role; you wouldn't be able to assign billing management capability with a custom role. The only standard roles that can be replicated with custom roles are Read only, Standard user, and All product admin (this role is the equivalent of choosing all available capabilities).

Standard roles include:

Standard roles 説明
Read only Provides read-only access to the New Relic platform (except for synthetic monitor secure credentials).
Standard user Provides standard access to the platform, including the ability to configure most monitoring tools, but does not include the ability to configure more sensitive settings, including account-level configuration and synthetic monitor secure credentials.
All product admin

Provides admin-level access to the platform. This includes all New Relic capabilities with the exception of managing users (Organization manager and Authentication domain manager) and managing billing-related settings (Billing user).

A basic user is defined as having the All product admin role but without access to Full-Stack Observability features.

Billing user

Provides ability to manage subscriptions and billing, and read-only access to the rest of the platform.

Organization manager

Provides the ability to manage users on the New Relic One user model. This includes abilities to manage user groups, roles, and access grants. For how to grant this role, see Add user management capability.

Authentication domain manager

Provides the ability to manage authentication domains for users on the New Relic One user model. Authentication domains control how users are authenticated, whether via manual username/password or using SAML SSO, and SCIM provisioning (also called automated user management). For how to grant this role, see Add user management capability.

Manage v1 users

For New Relic organizations that existed before July 30 2020 and have users on our original user model, this role lets you manage those "v1" users.

Roles and user groups

There are two default user groups available: User and Admin. These groups have our standard roles applied in these ways:

  • ユーザー: this group has only the All product admin standard role, which grants general platform access and some basic admin capabilities.
  • 管理者: this group has all the standard roles, giving it complete admin capabilities.

Custom groups can be assigned standard roles or custom roles.

Roles and user type

User type refers to whether a user is a basic user or a full user.

A basic user can be defined as having the All product admin standard role but without access to Full-Stack Observability features (learn more). A basic user always has basic user capabilities, no more and no less, regardless of what group they're assigned to. One nonintuitive impact of this is that a group's basic users could have more capabilities than its full users have. For example, if you created a custom group with very minimal capabilities, the full users in that group would have those minimal capabilities, but any basic users in that group would have more capabilities than the full users because the capabilities of a basic user trump group capabilities.

A full user's capabilities will depend on its assigned group; it has theoretical access to all roles and capabilities.

For more on this, see User type.

Custom roles and capabilities

For tips on setting up custom roles and capabilities, see Add custom role.

ユーザーの管理

To learn how to add users, and create custom groups and roles, see Manage users.

2020 user model changes

If you'd like to understand how our user model changed in 2020 and how this affects some functionality, see Impacts of user model changes.

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: