C SDK

汎用プログラミング言語であるCが、広範にわたるアプリケーションをインストゥルメントする機会を提供します。アプリケーションが他のNew Relic APMエージェント言語を使用しない場合は、C SDKを使用してNew Relicのモニタリング機能と特性を活用できます。以下が可能です:

  • パフォーマンス問題の特定と解決。
  • 顧客体験の向上とデータに基づくビジネス上の意思決定。
  • APMInfrastructureAlertsその他にある詳細なダッシュボードからのデータをモニター。
  • Insightsを使用し、チャートおよびダッシュボードによるデータのクエリ、可視化、共有。

始めてみましょう。 C機能と立ち上げの方法を参照してください。さらに、GitHubにあるNew RelicのC SDKドキュメントを参照できます。

コードをコンパイルおよびリンクする。 Linux環境において、アプリケーションに互換性があり要件を満たすことを確認してから、C SDKをインストールする手順に従ってください。

エージェントを設定する。 デフォルトの構成設定ログオプションを使用します。データ収集をビジネスにとって最も重要な形に微調整するにはAPI ガイドを参照してください。

インストゥルメンテーションを拡張する。 Cアプリケーションのためにトランザクション、セグメント、エラーレポートをカスタマイズします。さらに細かくカスタマイズするには、デフォルトまたはカスタマイズされた属性を使用します。

新機能を確認する。 New Relicの最新機能を活用するには、リリースノートのためのRSSフィードを入手し、必要に応じてC SDK ライブラリを更新します。

問題のトラブルシューティング。 New Relicのダッシュボードにデータが表示されないトラブルシューティングのログが必要などの場合には、ヘルプを求めてください。New Relicのエクスプローラーハブで、質問や提案をC SDKコミュニティと共有してください。

C SDKトランザクション
rpm.newrelic.com/apm>(アプリケーションを選択)> Transactionsに移動します:これは、トランザクション、外部サービス、データストア、任意のコード、SQL、その他に関する詳細データを調査できるNew Relicのダッシュボードの1つに過ぎません。