C SDKの互換性と要件

New RelicのC SDKが提供するカスタマイズ可能な汎用ライブラリは、New Relicとの通信に使用できます。New RelicのC SDKをインストールする前に、お使いのシステムが要件を満たしていることを確認してください。また、C SDKライセンスドキュメンテーションも参照してください。

言語バージョン

C SDKでは、以下の条件を満たした上であれば、Linux上のあらゆるアプリケーションをインストゥルメントできます:

  • ソースコードへのアクセス権がある。
  • ターゲット言語をCライブラリにインポートできる。

C SDKを使用して、CおよびC++で書かれたアプリケーション向けインストゥルメンテーションを作成できます。さらに、CまたはC++で実装されたPerlのような言語のほか、Cとの外部関数インターフェースを持ったあらゆる言語で利用できます。

動作環境

C SDKは、以下の仕様の64ビットのLinuxオペレーティングシステムで動作します:

  • gcc 4.8以降
  • glibc 2.17以降
  • Kernelバージョン2.6.26以降
  • libprce 8.20以降
  • libpthread
  • cmake 2.8以降

New RelicデーモンのコンパイルにはGo 1.7以降が必要です。

ライセンスキー

インストレーションの際には、必ずNew Relicのライセンスキーが必要です。ライセンスキーは40文字の16進数の文字列で構成され、サインアップ時にNew Relicから提供されます。

プロセッサタイプ

  • Intel(および互換)プラットフォームのみ
  • SSE2命令のサポートが必須

セキュリティ要件

標準的な データ収集のセキュリティ対策として、アプリケーションサーバーはSHA-2(256ビット)をサポートしている必要があります。SHA-1はサポートされていません。

データベースとインスタンスレベルのパフォーマンス

様々なデータベースとデータベースドライバを対象にインスタンスの詳細を収集できます。また、以下のSQLベースのデータベースプラットフォームに関するスロークエリトレースの詳細も表示できます:

  • Firebird
  • Informix
  • MSSQL
  • MySQL
  • Oracle
  • Postgres
  • SQLite
  • Sybase

その他のヘルプ

推奨する詳細情報:

  • C SDKに関するドキュメントについては、Docsサイトのランディングページを参照してください。
  • GitHubにあるNew RelicのC SDKドキュメントを参照してください。
  • C SDKエージェントに関するコミュニティ内の議論については、New RelicのExplorers Hubを参照してください。
  • お好みの検索エンジンを使用して、New Relicのその他のリソースを検索してください。