C SDKをアンインストール(削除)する

必要に応じてこれらの手順に従い、C SDKを使用アプリケーションのコードライブラリで一時的に無効化する、もしくは完全に削除してください。

無効化できるインストゥルメンテーションを書く

CライブラリはNew Relic APIへ直接アクセスするため、C SDKは直接オンにしたりオフにしたりできません。しかし、簡単な再コンパイルとデプロイによりインストゥルメンテーションを有効化または無効化できるようにSDKのコードを書くことができます。

ひとつのアプローチは#ifdefマクロを使用することです。すべてのインストゥルメンテーションを#ifdefマクロで囲み、構築システムでYOURNAMESPACE_NEWRELIC_ENABLEDの値を設定すれば、C/C++ベースのプログラムにあるNew Relicのインストゥルメンテーションは、再コンパイルしてからアプリケーションを再デプロイすることにより簡単にに有効化または無効化できます。

#ifdefマクロを使用して、C SDKインストゥルメンテーションを無効化する
// replace `YOURNAMESPACE` with something that's unique to
// your company/project to ensure a unique name
#ifdef YOURNAMESPACE_NEWRELIC_ENABLED
int priority = 50;
newrelic_txn_t* txn = newrelic_start_non_web_transaction(app, transaction_name);

...

if (err) {
newrelic_notice_error(txn, priority, "Meaningful error message", "Error.class");
}

...

newrelic_end_transaction(&txn);
#endif

完全にアンインストールする

New RelicのC SDKをアプリケーションのコードライブラリから完全に削除するには:

  1. 構築システムの中でlibnewrelic.aへのリンクを削除します。
  2. アプリケーションコードから、すべてのNew Relic APIコールを削除します。
  3. 再コンパイルしてアプリケーションを再デプロイします。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: