Goエージェント

New RelicのGoエージェントは、Go言語アプリケーションとマイクロサービスを監視して、以下を支援します。

  • パフォーマンス問題の特定と解決。
  • 顧客体験の向上とデータに基づくビジネス上の意思決定。
  • New Relic APMNew Relic Infrastructure、その他のNew Relic製品の詳細なダッシュボードでデータを監視。
  • New Relic Insightを使用して、データをクエリ、可視化、そして共有。

エージェントを最新の状態に保ち、最新機能へのアクセスを確保するために、Goエージェントのリリースノートを参照ください。

始めてみましょうGoエージェントの機能と立ち上げの方法をご覧ください。また、New RelicのGithubリポジトリへのアクセスもご利用ください。

Goエージェントをインストール。Linux、OS X、Windows向けにサポートされているバージョンのGolangでの標準インストレーション手順にしたがってください。

エージェントを設定。デフォルトの構成設定ログオプションを使用します。Config structをカスタマイズし、お客様のビジネスにとって最も重要なデータ収集の微調整を行います。

エージェントインストゥルメンテーションを拡張GoトランザクションGoセグメントをカスタマイズします。デフォルト属性の宛先を調整して、カスタムアトリビュートを作成します。

新機能を確認する。New Relicの継続的な機能リリースに合わせてGoエージェントを最新の状態に維持します。

一般的な問題をトラブルシューティング。New Relic APMのGo runtimeページを使用して、Goroutines、CPU使用率、メモリなどに関連するパフォーマンスの問題のトラブルシューティングを行います。

New Relic APM:Goエージェント
rpm.newrelic.com/apm > (アプリケーションを選択) > Overview:APM Overviewページには、Goアプリのパフォーマンスが一目でわかるチャートや表に加え、さらにNew Relic Browserのエンドユーザーパフォーマンス、New Relic Infrastructureで監視されるホスト、New Relic Insightを使用したデータ分析などへのリンクが表示されます。