Javaエージェント

New RelicのJavaエージェントを使用すると、コード内のパフォーマンスの問題から小さなエラーまですべてを追跡できるようになります。New RelicのJavaエージェントはJavaアプリを監視し、JVMの動作を可視化します。インストールが完了したら、トランザクションを迅速に監視し、エラーの詳細調査などを実行できるようになります。

エージェントを最新の状態に保ち、最新機能へのアクセスを確保するために、Javaエージェントのリリースノートを参照ください。

始めてみましょう。Javaエージェントで実現できることやスタートの方法をご覧ください。

Javaエージェントをインストール。サポートされているアプリケーションサーバーとフレームワークにJavaエージェントをインストールする方法をご覧ください。

エージェントを設定設定オプションを使用し、インストレーションをさらにカスタマイズして微調整します。ディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効にします。

モニタリングをカスタマイズ。 JavaエージェントAPIを使用するか、カスタムインストゥルメンテーションを実装して機能を拡張します。

互換性と要件を確認。サポートされているアプリケーションサーバーとWebサーバー、フレームワーク、JBDCドライバ、JVMなどに対する互換性と要件をチェックします。

一般的な問題をトラブルシューティング。一般的な問題のサポートについては、Javaのトラブルシューティングドキュメントを参照ください。

APMを使用して、お使いのJavaアプリケーションのパフォーマンス概要を表示します。
rpm.newrelic.com/apm > (アプリケーションを選択) > Overview:Javaエージェントをインストールすると、お使いのアプリケーションのパフォーマンス概要が表示されます。