Javaエージェントをインストール

このドキュメントではJavaエージェントのダウンロードおよびインストール方法について詳しく説明します。エージェントをインストールする前に、Javaエージェントの互換性と要件をご確認ください。Java用のNew Relic APMの動作については、Java用New Relicの概要をご覧ください。

インストールの概要

本ドキュメント内のインストール手順は、標準的なJavaエージェントのインストールを対象としています。ただし、一部のセットアップには具体的なインストール用ドキュメンテーションがあるため、それを先に確認する必要があります:

エージェントのダウンロード

Javaエージェントをダウンロードするには:

  1. New Relicにログインします。

  2. New Relic UIのアカウントドロップダウンからAccount settingsを選択します。

  3. 右のサイドバーから、お使いのプラットフォームに適したエージェントをダウンロードします。

ダウンロードしたzipファイルには、インストレーションに必要な次の2つのファイルが含まれています。

  • newrelic.jar:このファイルにはエージェントのクラスファイルが含まれています。
  • newrelic.yml:このファイルにはライセンスキー、アプリケーション名などのNew Relicエージェントの設定情報が含まれています。New Relicは、newrelic.ymlファイルのパーミッションをデフォルトの値からアプリケーションサーバープロセスのオーナーのみ読み取り/書き込み可能な値に変更することをお勧めします。

サーバーのスタートアップで、エージェントはnewrelic.jarを含むディレクトリ内でnewrelic.ymlを検索します。New Relicは、同じディレクトリ内のlogsという名前のサブディレクトリ内にエージェントログを書き込みます。

エージェントのインストール

Javaエージェントをインストールするには:

  1. アプリケーションサーバーのルートディレクトリ内に、newrelicという名前の新規ディレクトリを作成します。
  2. ダウンロードしたエージェントのzipファイルをnewrelicディレクトリに展開します。

  3. newrelic.ymlで、app_nameの設定を意味のある名前に設定します。
  4. newrelic.yml設定ファイルをバックアップします。

  5. 貴社のフレームワーク向け追加要件を含め、この切り替えをJVMにパスします:

    -javaagent:/full/path/to/newrelic.jar
  6. 以下のツールやフレームワークを使用する際は、対応するドキュメントを参照して追加の手順を実施してください。

  7. アプリケーションサーバーを起動、または再起動します。

アプリのトラフィックをある程度生成してから、APM Overviewページにデータが表示されるまで数分待ちます。何も表示されない場合は、トラブルシューティングの手順に従ってください。

次のステップ

Javaアプリケーションにエージェントをインストールした後、以下のようなステップを続けて実施することをお勧めします。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: