トラブルシューティングのログの生成(.NET)

New Relicの.NETエージェントは、%ALLUSERSPROFILE%\New Relic\.NET Agent\LogsLogsディレクトリに2種類のログファイルを格納します。New Relic UIにアプリケーションに関するデータが表示されない場合など、トラブルシューティングには両方のログが必要です。いずれかの種類のログが使用できない場合は、.NETエージェントの一部のコンポーネントが起動していません。

  • エージェントログ:これらのファイル名は、newrelic_agent_で始まります。
  • プロファイラーログ:これらのファイル名は、NewRelic.Profilerで始まります。

ログファイルの生成

New Relic .NETエージェントをトラブルシューティングするときは、エージェントがdebugレベルのログファイルを生成し、ログファイルのサイズを厳密に監視するように設定されていることを確認してください。debugでのロギングは、大量のデータを迅速に生成します。問題を再現した後は、ログレベルをinfoに戻してください。

C:\ProgramData\New Relic\.NET Agentが隠しフォルダにある場合、それを表示できるようにWindowsの設定を更新してください。New Relic for .NETのログファイルを生成するには:

  1. 通常C:\ProgramData\New Relic\.NET Agent(または%ALLUSERSPROFILE%\New Relic\.NET Agent)に配置されているnewrelic.configを開きます。
  2. <log level="info" />の設定を<log level="debug" />に変更します。
  3. ファイルを保存して閉じます。エージェントが新しい設定を読み取るまで数分間待ちます。
  4. アプリケーションへの数分間のトラフィックを生成します。
  5. ログファイルをNew Relic Supportに送信する場合は、New Relic のサポートチケットにnewrelic.configファイル(ファイル内のテキストではなく)を添付し、さらにC:\ProgramData\New Relic\.NET Agent\Logsまたは%ALLUSERSPROFILE%\New Relic\.NET Agent\LogsからのLogsフォルダ全体を添付します。
  6. newrelic.configで、<log level="debug" /><log level="info" />に変更します。

Azureウェブアプリケーションのログファイルの生成

Kudu Consoleは、Microsoft Azureウェブアプリケーションのログのレポートを管理します。Kudu Consoleを使用するには、まずAzureにログインします。

  1. AzureウェブアプリケーションのURLに移動します。次に例を示します。

    https://example.azurewebsites.net
  2. KuduコンソールのURL scmスニペットをURLに挿入します。たとえば、

    https://example.scm.azurewebsites.net
  3. ページの左上にKuduのロゴと黒いナビゲーションバーがあり、右上にAzureユーザー名があることを確認します。

Kudu Consoleでログレベルを変更するには:

  1. Kudu Consoleのナビゲーションバーで、Debug consoleメニューを選択し、CMDまたはPowerShellを設定します。
  2. D:\home\site\wwwroot\newrelicに移動します。
  3. newrelic.configを編集するには、えんぴつ [えんぴつアイコン] アイコンを選択します。
  4. <log level="info"><log level="debug">に変更します
  5. 変更をnewrelic.configに保存します。
  6. デバッグログが生成されるまで数分間待ちます。
  7. 同じ手順を使用して、log levelinfoに戻します。

システム情報の収集

エージェントログに加えて、Microsoftシステム情報ファイルもトラブルシューティングに役立ちます。

  1. Windowsのタスクバーから、スタート > ファイル名を指定して実行と選択して、msinfo32と入力します。OKを選択します。
  2. システム情報ページがロードされたら、ファイル > 保存を選択します。
  3. サーバーがファイルを保存するまで数分間待ちます。
  4. New Relic Supportのチケットにファイルを添付します。

アクセス権限の確認

ログディレクトリとログファイルの作成に必要なアクセス権限がない場合、.NETエージェントは、起動後にログに書き込むことができないことがあります。アクセス権限の管理は環境によって異なるため、システムアドミニストレーターと連携して、アクセス権限が問題にならないことを確認します。

その他のヘルプ

すべてのNew Relicエージェントをログオンするには、New Relicエージェントのログとトラブルシューティングをご覧ください。

推奨する詳細情報: