Node.jsエージェント

New RelicのNode監視でコードの行レベルまで問題点を特定して解決します。サービスマップエラー解析などの機能により、Node.js用New Relicではアプリケーション環境の全体像を把握できます。

エージェントを最新の状態に保ち、最新機能へのアクセスを確保するために、Node.jsエージェントのリリースノートを参照ください。

始めてみましょう。Node.jsエージェントの機能や立ち上げの方法をご覧ください。

Node.jsエージェントをインストール。サポートされている標準インストレーション手順にしたがって、New Relic Node.jsエージェントをインストールしてください。

エージェントを設定newrelic.js設定ファイルを編集するか、環境変数を設定することで、エージェントを設定できます。

カスタマイズカスタムインストゥルメンテーションカスタムメトリックを使用して、エージェントインストゥルメンテーションを個々のニーズに合わせて調整します。

Node.jsエージェントAPI。エージェントAPIを使用してインストゥルメンテーションを拡張します。

一般的な問題をトラブルシューティング。一般的な問題のサポートについては、トラブルシューティングドキュメントの全リストを参照ください。

APMを使用して、お使いのNode.jsアプリケーションのパフォーマンス概要を表示します。
rpm.newrelic.com/apm > (アプリケーションを選択) > Overview:APM Overviewページには、Node.jsアプリのパフォーマンスが一目でわかるチャートや表に加え、さらにNew Relic Browserのエンドユーザーパフォーマンス、New Relic Infrastructureで監視されるホスト、New Relic Insightを使用したデータ分析などへのリンクが表示されます。