Pythonエージェントの互換性と要件

Pythonエージェントをインストールする前に、お使いのシステムがシステム要件を満たしていることを確認します。

基本要件

Pythonエージェントは、最も一般的なPythonウェブフレームの多くをサポートします。お使いのホスティングメカニズムホスティングサービスウェブフレームワークバックエンドサービスによっては、追加の設定が必要になる場合があります。

リソース 要件
オペレーティングシステム Linux、Solaris、FreeBSD、macOSを含むUNIX系オペレーティングシステム。Pythonエージェントは、Windows環境をサポートしていません。
Python

サポート対象のPython(CPython/PyPy)バージョン:バージョン2.7、3.5、3.6、3.7、3.8

Python 2.6と3.3のバージョンは、Pythonエージェント3.4.0.95以前のバージョンでのみサポートされます。Pythonのバージョン3.4は、Pythonエージェント4.20.0.120またはそれ以前のバージョンでのみサポートされます。

サポートされているウェブフレームワーク

サポートされているウェブフレームワークには、以下が含まれます。

  • Aiohttp
  • Bottle
  • CherryPy
  • Django
  • Falcon
  • Flask
  • gRPC
  • Pylons
  • Pyramid
  • Sanic
  • Tornado 6
  • Web2Py
サポートされていないフレームワーク

一部のWSGIサーバー、フレームワーク、アプリケーションには特別な要件があります。Python WSGIウェブフレームワークがサポートされない場合でもエージェントを使用できます。サポートされていないフレームワークの場合、ウェブトランザクションのパフォーマンス内訳とトランザクショントレースには、フレームワークの主要部分に費やされた時間区分の詳細は表示されません。

さらに、ウェブトランザクションの有用性を高めたりそれらをターゲットに絞り込んだりするために使用するコードの特定のハンドラで処理しても、エージェントはウェブトランザクションを有意にグループ化することができません。このような場合は、PythonエージェントAPIを使用して、ウェブトランザクションに名前を付けるか、カスタムインストゥルメンテーションを追加することができます。

ホスティング WSGI 1.0(PEP 333)に準拠するウェブホスティングメカニズムです。たとえば、PythonエージェントはGoogle App Engine フレキシブル環境にインストールできます。
セキュリティ要件 標準的な データ収集のセキュリティ対策として、アプリケーションサーバーはSHA-2(256ビット)をサポートしている必要があります。SHA-1はサポートされていません。
その他のモニターソフトウェア

アプリケーションが当社のモニターソフトウェアのほかに他社のモニターソフトウェアを使用している場合は、エージェントが正しく動作することを保証できないため、技術サポートは提供できません。詳細については、その他のモニターソフトウェアを使用中のエラーを参照してください。

Pythonパッケージのインストゥルメンテーション

エージェントは、他のさまざまなPythonパッケージとモジュールにインストゥルメンテーション機能を提供することもできます。インストゥルメンテーションには、データベースクエリ、メモリキャッシュのリクエスト、外部サービスのリクエスト、インスタンスレベルの詳細などが含まれます。その結果は、遅いトランザクションに対して、APMのユーザーインタフェースのウェブトランザクションパフォーマンスの内訳およびトランザクショントレースに自動的に表示されます。

Pythonバージョンのサポート

エージェントは一般的に、すべてのリリース済みのアクティブなPythonブランチをサポートします。しかしながら、今後の変更に対応するために、エージェントはこのPythonバージョンサポートスケジュールに従うことにもなります。バージョンサポートポリシーは、一般的なNew Relicエージェントおよびプラグイン有効期限(EOL)ポリシーを置き換えません。

新しいPythonリリースをサポート

提案される時間範囲を以下に示します。実際のリリース日は異なる可能性があります。

Pythonバージョン アクティブな長期サポート(LTS)開始日
サポート付きPythonエージェントの初期リリース日
3.8 2019年10月21日 2019年11月~12月

EOLに到達するPythonリリースのサポート終了日

提案される時間範囲を以下に示します。実際のリリース日は異なる可能性があります。

Pythonバージョン 有効期限(EOL)日 Pythonエージェントのサポート終了の初期リリース日
3.5 2020年09月13日 未定
2.7 2020年01月01日 未定

他のFull-Stack Observability機能にエージェントを接続

Pythonエージェントは他の機能と統合して、エンドツーエンドの可視性を提供します。

製品 インテグレーション
ブラウザのモニタリング 自動インストゥルメンテーションを有効にすると、Pythonエージェントは自動的にBrowser JavaScriptエージェントを挿入します。Browserインジェクションを有効化したあと、APMの概要ページでBrowserデータを見ることや、特定のアプリケーションに対してAPMとBrowserデータを素早く切り替えることが可能です。設定オプションと手動インストゥルメンテーションについては、ブラウザのモニタリングとPythonエージェントをご覧ください。
インフラストラクチャのモニタリング InfrastructureモニタリングとAPMエージェントを同じホストにインストールすると、それぞれが自動的にお互いを検出します。その後APM UIでホストのリストを見て、InfrastructureモニタリングUIでAPMアプリを基準にInfrastructureホストをフィルタリングできます。詳しくは、InfrastructureにおけるAPMデータをご覧ください。
合成モニタリング SyntheticトランザクショントレースはSyntheticsモニターからのリクエストを基になるAPMトランザクションに結びつけます。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: