Python用New Relicの概要

Python用New RelicはPythonアプリケーションを監視し、パフォーマンスの問題の特定と解決を支援します。パフォーマンスの監視を拡張してビジネスデータを収集して分析し、顧客体験の向上およびビジネスにおけるデータ駆動型の意思決定を支援することもできます。カスタムインストゥルメンテーションとAPIの柔軟なオプションにより、Python用New Relicには、アプリケーションに必要なデータをカスタマイズする多くの構築ブロックがあります。

Python用New Relicは、Django、Gunicorn、WSGI、CherryPy、uWSGIなどのさまざまなウェブフレ-ムワークとホスティングメカニズムで動作します。Pythonエージェントは、Google App Engine フレキシブル環境にインストールすることもできます。

Python用New Relicの概要のスクリーンショット
rpm.newrelic.com >(アプリケーションを選択)> Monitoring > Overviewに移動します。New RelicのPythonエージェントをインストールすると、Pythonエージェントはアプリケーションに関するデータの収集を開始し、そのデータはNew Relic APMから参照できます。

アプリケーションパフォーマンスの監視

Pythonエージェントをインストールすると、Pythonエージェントはアプリケーションに関するデータの収集を開始します。New Relicのユーザーインタフェースでは、データはチャートとテーブルとして表示されます。

アプリケーションの全体像を表示する

エラーと問題をすばやく検知する

パフォーマンスの詳細にドリルダウンします。

他にも以下のNew Relic APMツールが役立ちます。

New Relic APMのツール 説明
New Relic Browser PythonエージェントをNew Relic Browserと統合して、エンドユーザーのブラウザ活動を可視化します。
シンプルなスクリプトとバックグラウンドタスク Celeryなどのジョブベースまたはタスクキューのシステム、またはその他のスタンドアロンの非ウェブ機能を監視します。
New Relic Insightsによるビジネスデータの分析

PythonエージェントをInsightと併用して、データを整理、クエリ、可視化して、アプリケーションパフォーマンスと顧客体験に関する主な問題に対応します。

New Relicのインストール

New Relic Pythonエージェントをインストールする前に、お使いのシステムがシステム要件を満たしていることを確認します。New Relicアカウントを作成する必要もあります。

New Relicは、Django、WSGI、Gunicornなどの多くのウェブフレームワークとライブラリを標準でサポートしています。サポートされているウェブフレームワークを使用すると、インストレーションは簡単です。サポートされていないフレームワークを使用する場合は、アプリケーションのコードやウェブサーバーファイルに多少の追加が必要です。

以下に、主なインストール手順の概要を示します。

  1. New Relicパッケージをダウンロードしてインストールする
  2. 設定ファイルを作成する
  3. New Relicエージェントとアプリケーションをインテグレーションする

ほとんどのセットアップで使用できる簡単迅速なインストールプロセスについては、クイックスタートガイドをご覧ください。

非ウェブスクリプト、バックグラウンドタスク、および関数の監視

Python用New Relicでは、非ウェブスクリプト、ワーカープロセス、タスク、および関数も監視できます。非ウェブトランザクションのインストレーションプロセスは、ウェブアプリケーションのインストールプロセスとほとんど同じですが、1つ異なる点があります。インストール手順で説明されている標準的なインテグレーションプロセスに従う代わりに、監視する関数を手動で「ラップ」することです。詳細については、非ウェブタスクとプロセスをご覧ください。Celeryタスクを監視する方法については、Celeryバックグラウンドタスクをご覧ください。

インストレーション後の手順

New Relicを起動した後に推奨する手順は次のとおりです。

トラブルシューティング

インストールプロセスが完了したら、New Relic APM UIにデータが5分以内に表示されます。表示されない場合は、以下のトラブルシューティングリソースを使用します。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: