Rubyエージェント

New Relicの言語エージェントファミリーとして初のRubyエージェントは、長年にわたって実証された安定性と継続的なリリース機能を兼ね備えています。Rubyエージェントを使用して、以下を実現できます。

エージェントを最新の状態に保ち、最新機能へのアクセスを確保するために、Rubyエージェントのリリースノートを参照ください。

始めてみましょう。Rubyエージェントの機能や立ち上げの方法をご覧ください。また、New RelicのGitHubリポジトリとrdocsの詳細もご確認ください。

Rubyエージェントをインストール。サポートされているRubyまたはMRIバージョンでの標準インストレーション手順を実行するか、GitHub上のRailsプラグインを使用します。

エージェントを設定。さまざまなデータ収集オプションをカスタマイズします。ディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効にします。

エージェントインストゥルメンテーションを拡張。メソッドトレーサー、インストゥルメンテーション、エージェントAPIなどでカスタマイズを行います。Rubyエージェントでサポートされている、さまざまなgemやミドルウェアを使って作業を行うことができます。

互換性のあるフレームワークを確認。Webサーバー、Webフレームワーク、データベース、バックグラウンドジョブ、HTTPクライアントなどでサポートされている、Rubyエージェントのバージョンをチェックします。

一般的な問題をトラブルシューティング。典型的な問題の迅速なトラブルシューティングと解決に役立つ、Rubyセルフサービスドキュメントの全リストをスキャンできます。

New Relic APMのRubyアプリの概要
rpm.newrelic.com/apm > (アプリケーションを選択) > Overview:APM Overviewページには、Rubyアプリのパフォーマンスが一目でわかるチャートや表に加え、さらにNew Relic Browserのエンドユーザーパフォーマンス、New Relic Infrastructureで監視されるホスト、New Relic Insightを使用したデータ分析などへのリンクが表示されます。