New Relicに処理済のエラーを送信

エラーデータをNew Relicに送信して、独自のコードで処理していることを伝えるには、RubyエージェントのAPI NewRelic::Agent.notice_error呼び出しをエラーハンドラ内で使用します。

エラーについてNew Relic Rubyエージェントに伝える

このAPIコールは、例外と任意のオプションハッシュを取ります。次のフォーマットを使用してください:

notice_error(exception, options = { }) ⇒ Object

この関数は、所与のエラーを記録して、仮に定義した場合は設定ベースのエラー無視とグローバルな#ignore_error_filter手法を含む、通常のエラーフィルタリングプロセスに渡します。

exceptionは、記録される例外もしくはエラーメッセージになります。必要であれば、options = { }を含めることもできます。以下のパラメーターは特別な扱いを受けます。また、他の用意するその他のパラメーターもカスタムパラメーターとして扱われます。

options = { } コメント
:expected

エラートレースのみを記録。これは、エラー率またはApdexステータスに作用しません。UIで予期されるエラーの詳細に関しては、予期されるエラーを表示を参照してください。

Rubyエージェントのバージョン4.3.xで非推奨となった:trace_onlyオプションを置き換えます。

:custom_params

カスタムパラメーター

:uri

リクエストパスから、リクエストパラメーターまたはクエリ文字列を差し引いたもの。

通常は必要ありません。トランザクション外でnotice_errorを呼び出すときにのみ含めます。

:metric

トランザクションと関連したメトリック名。

通常は必要ありません。トランザクション外でnotice_errorを呼び出すときにのみ含めます。

:request_params(非推奨) 古いRubyエージェントのバージョンでは、:request_paramsオプションを渡すことができましたが、現在は無視されます。リクエストパラメーターを記録する必要がある場合は、トランザクション内でこの方法を呼び出すか、情報を:custom_paramsに渡します。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: