Ruby用New Relicの概要

New RelicのRubyエージェントはアプリケーションをモニターし、パフォーマンスに関する問題の特定と解決をサポートします。さらに、エージェントのパフォーマンス監視を拡張してビジネスデータの収集や分析を行い、顧客体験の向上や、ビジネスにおけるデータ駆動型の意思決定を促すのに役立ちます。

互換性と要件

Rubyエージェントは一般的なRubyフレームワークとプラットフォームの多くをサポートします。Rubyエージェントは Google App Engine(GAE)フレキシブル環境でも使用できます。Rubyエージェントをインストールする前に、システムがシステム要件を満たしていることを確認してください。

アプリケーションパフォーマンスの監視

アプリケーションの全体像を表示する

エラーと問題をすばやく検知する

パフォーマンスの詳細を掘り下げる

ビジネスデータを分析する

RubyエージェントとInsightsを併用してデータを整理、クエリ、可視化することで、アプリケーションのパフォーマンスと顧客体験に関する主要な問題に対応できるようになります。

エージェントのインストール

New Relicアカウントの作成後、インストレーション手順を参照してください。

エージェントインストゥルメンテーションを拡張する

エージェントをインストール後、エージェントインストゥルメンテーションをさらに拡張できます。

  • ページロードタイミング:RubyエージェントをNew Relic Browserと統合して、エンドユーザーのアクティビティを可視化します。
  • カスタムインストゥルメンテーション:フレームワークによるインストゥルメンテーションではキャプチャできないトランザクションをインストゥルメントします。
  • エージェントAPI:エージェントの動作を完全にカスタマイズするには、エージェントAPIを使用します。たとえば、カスタムメトリックスを収集したり、エラーをフラグしたり、特定のトランザクション全体を無視することができます。
  • カスタムメトリックス:アプリケーションのパフォーマンスとビジネスデータをより詳しく把握するため、トランザクションの一部として追加のメトリックスを記録します。
  • エージェントの属性:トランザクションに付与された属性をカスタマイズできます。属性をカスタマイズすることで、機密性の高い属性の送信を防いだり、トランザクションをより深く可視化するための追加属性を収集したりできます。

トラブルシューティング

Rubyエージェントに問題が発生した場合は、トラブルシューティング関連ドキュメントの全リストをご覧ください。一般的な問題としては次のものがあります。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: