New Relic Alertsの概要

New Relic アラートでは、New Relicで監視できる全ての内容に関して、堅固かつカスタマイズ可能なアラートポリシーを設定できます。主要パフォーマンスメトリックスの変動があった場合は、APM、Infrastructure、Browser、Mobile、そしてInsightsを含めた当社の全製品から通知を受け取ることができます。

この機能を利用できるかは、 サブスクリプションレベルによります。New Relic製品のいずれかに対する有料サブスクリプションをご利用の場合、お使いのアカウントにはすべての製品(支払済み、未払いの両方の製品)用のNew Relic Alertsへのアクセス権があります。

包括的なアラートソリューションの構築

New Relic Alerts - 閾値の設定 - スクリーンショット
alerts.newrelic.com > Create alert condition: アラート条件作成時の閾値設定UIページを示したスクリーンショット。

ご利用のアプリケーションおよびアーキテクチャで堅固なアラートソリューションを作成できるよう、当社はあらゆる面で権限を提供します:

決定 手順
何を監視するかを決定する。 アラート条件を設定して、New Relicが監視するあらゆるデータソースを監視します。ご利用のアーキテクチャのコンポーネントが多いか少ないかに関わらず、効果的なアラートソリューションを作成できます。
監視方法を定義する。

どのようなデータソースの挙動が違反を発生させるのか、厳密に定義できます。以下の独自の機能が含まれています:

  • 違反および通知を発生させる回数と頻度の設定に関する、広範な管理権限。
  • 明白なパフォーマンス上の問題に関してはクリティカルな閾値を、また挙動がクリティカルに近づいた場合はオプションとして警告の閾値を設定します。
  • ご利用システムの挙動に自動的に合わせるベースラインのアラート条件。閾値の敏感度を自由に決定できます。
インシデントの生成方法を決定する。 インシデントの環境設定によって通知の作成方法を管理することで、アラート疲れを減らせます。たとえば、あらゆる違反に関して通知を受け取るか、一連の連続した違反に関して単一の通知を受け取るかを決定できます。
通知の送信方法を決定する。 メール、モバイルプッシュ通知、OpsGenie、Slack等、多数の一般的なサービスを介したカスタマイズ可能な通知チャネルを用意しています。Notification channelsから、対応サービスをご確認ください。

ユニークかつインテリジェントな機能

完全なアラートソリューションに求める標準的な管理機能に加え、当社は以下のようなユニークかつ強力な機能を提供しています:

機能 詳細
自己制御型の監視 ベースラインのアラート条件では、インテリジェントかつ自己制御型のアラート条件を作成できます。
異常検知 異常挙動インジケーターは、主要データベースもしくは外部サービス活動への大きな変更から数分以内に発生する違反を自動的に検知します。
グループ挙動から外れ値を検知 外れ値検知を使用すると、定義済みグループの1つ以上のデータソースが、そのグループに期待する挙動から外れた場合を検知します。
カスタムクエリ条件 当社のNRQLクエリ言語を使用してカスタマイズされたクエリを作成し、そのクエリの経時的な偏差結果を監視します。
Alerts API New Relic Alerts APIを使用してアラート設定に関する情報を返すか、アラートポリシーと条件を作成します。
Webhook Webhookをカスタマイズし、カスタムヘッダー、Basic認証、カスタムペイロードなどを定義することができます。
インシデント範囲の絞り込みとロールアップ 各アラートポリシーでは3種類の違反グループ化戦略のいずれか1つを使用して、作成するアラートインシデントの数、そして送信される通知の数を管理できます。
複数製品のイベント New Relic Alertsの専用のEventsページでは、ご利用の全てのNew Relic製品にまたがる運用イベントが表示されます。

次のステップ

アラートを使い始めたばかりであるか、更なる詳細を希望する場合、以下のステップが推奨されます:

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: