New Relic REST API Explorer入門

New Relicでは、New Relic REST APIを含む、複数のAPIを提供しています。このドキュメントで紹介するREST API Explorerでは、AdminユーザーならびにAPIキー保持者が以下を実行できます:

  • 利用可能なREST APIエンドポイントの参照
  • ユーザーインターフェース(API Explorer)内でのREST APIとのインタラクション
  • ドキュメントの随時更新ソースの表示
  • APIアクション向けcURLコマンドの取得
  • API ExplorerのURLをコピー・アンド・ペーストによる、同僚との構成済みAPIコールの共有

こうして、ご利用のソフトウェアコンポーネントに追加する前に、ソリューションを素早く検索してAPIコールをテストできます。

サブスクリプションレベルに応じて、メトリックタイムスライスのデータにアクセスします。概要データは、無料のNew Relicアカウントで使用可能な唯一のデータです。

機能

New RelicのAPI Explorerには、選択されたアカウント向けにインタラクティブなユーザーインターフェースが含まれています。API Explorer UIは、 APIコール(アプリケーションユーザー等)ならびにGET Metric DataPUT (update) ApplicationsDELETE Applications等の利用可能な関数を一覧化します。

Parameters値を入力していくと、これは自動的にRequestに表示されるため、リクエスト送信前に構文をテストして検証できます。UIは、必須フィールド、フィールド詳細、その種類(整数、フロート、ブール等)、そしてロケーション(パス、クエリ等)を意味します。

アカウントのAdminユーザーは誰でも、ドロップダウンメニューから適切なAPIキーを選択できます。ご利用アカウントのAdminユーザーがAPIキーを提供した場合は、これを適当なAPIキーフィールドに入力してください。

これは、API Explorerホームページの例です
https://rpm.newrelic.com/api/explore: New Relic API Explorerは、あらゆるAPIエンドポイント向けにリクエストをテスト・送信しやすくします。ご自分のアカウントならびにAPIコールの種類(アプリケーション、ブラウザ、ユーザー等)に適した関数を選択すると、UIは要件を表示し、パラメーター値をテストするためのインタラクティブフォームを提供します。

APIバージョン1との違い

このAPI Explorerが適用されるNew Relic REST APIバージョン2は、New Relicに出入りするデータに焦点を当てたものです。バージョン2は、New Relicの非推奨となったREST APIバージョン1を置き換えます。

バージョン2と1には、いくつかの違いがある点に注意してください:

  • データの名前が異なる可能性があります
  • v2の一部のcURLコマンドが、v1とは異なる可能性があります

New Relicエージェントは異なるAPIを使用しており、API Explorerを介してアクセスすることはできません。

その他のヘルプ

その他のドキュメンテーションには、以下の資料があります。

  • New Relic REST API (v2)入門 (New Relic REST APIおよびAPIコールの構造の概要)
  • APIキー(New RelicユーザーインターフェースからAPIキーを作成、コピー、または再生)
  • API Explorerを使用する(API Explorerのユーザーインターフェースを利用して、New Relicに出入りするデータを取得)
  • API Explorerの一部(API Explorerの各セクションの使用方法に関する概略)
  • API出力のページネーション(API出力の複数ページのLinkヘッダーを解釈する方法)

推奨する詳細情報: