クロスアプリケーショントレースの概要

New Relic APMのクロスアプリケーショントレーシングを使用すると、APMが監視するアプリケーション間でトランザクションをリンクできます。また、ディストリビューティッド(分散)トレーシング機能も用意しています。ディストリビューティッド(分散)トレーシングはクロスアプリケーショントレーシングの機能を向上させたものであり、大規模な分散システムに適しています。

この機能を利用できるかは、 サブスクリプションレベルによります。

クロスアプリケーショントレーシングとは?

New Relic APMのクロスアプリケーショントレースでは、サービス指向アーキテクチャ(SOA)内にあるAPMアプリケーション間のトランザクションをリンクします。これはたとえば、自分のアプリケーション(「呼び出し元」アプリケーション)と内部あるいは外部サービス(「呼び出し先」アプリケーション)で発生するパフォーマンスの問題(例:内部サービスへのトラフィック)を特定する場合に有効です。

これは以下に役立ちます。

  • クロスアプリケーションのコールフロー内のボトルネックを発見します。
  • 特定のトランザクションが他のアプリケーションやサービスによってどのように使用されているかを、エンドツーエンドで把握します。
  • 問題をより迅速に診断し、チーム間のコラボレーションを強化します。

New Relic Oneを使用して、ご利用のアプリケーション、サービス、コンテナ、クラウドサービス、ホスト、そしてその他のエンティティがどのような相互関連性の下で機能しているか把握しましょう。

セキュリティに関する懸念事項

クロスアプリケーショントレーシングでは3つのHTTPヘッダーを使って、呼び出し元アプリケーションと呼び出し先アプリケーションの間で情報をやり取りします。

  • 最初の2つ(X-NewRelic-IDX-NewRelic-Transaction)は、インストゥルメントされたアプリケーションによって送られた送信リクエスト内のHTTPリクエストヘッダーとして表示されます。
  • 残りのヘッダ(X-NewRelic-App-Data)は、呼び出されたアプリケーションが呼び出し元アプリケーションと同一のNew Relicアカウントに属している場合、HTTPレスポンスに挿入されます。

New Relicでは、New Relic Browserのページロードタイミング(実際のユーザーの監視またはRUMとも呼ばれます)設定に使われるものと同一の難読化スキームをキーを変えて使用し、ヘッダーのすべてを難読化します。

HTTPヘッダー 説明

X-NewRelic-ID

(リクエストヘッダ内)

アカウントIDと、呼び出しを行うアプリケーションのアプリケーションIDを含む

X-NewRelic-Transaction

(リクエストヘッダ内)

呼び出しによって作成される個々のトランザクションに関する情報(呼び出し元トランザクションにとってユニークなGUIDと、トランザクションを発生させたアップストリームの呼び出しに関する情報)を含む

X-NewRelic-App-Data

(該当する場合、レスポンス内)

呼び出し先アプリケーションに関する次の情報を含みます。

  • アカウントID
  • アプリケーションID
  • 呼び出されたトランザクションの名前
  • 呼び出されたトランザクションのタイミング情報
  • 呼び出されたトランザクションのGUID

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: