New Relic Browserエージェントをインストールする

New Relic Browserは、JavaScript スニペット(「エージェント」)を使用してアプリケーションのウェブページをインストゥルメントします。JavaScriptはブラウザ監視用のデータを収集します。New Relic Browserエージェントのインストールに際しては、さまざまなデプロイメントオプションから選択できます。

デプロイメントオプションを選択する

New Relic Browserのディプロイ時にどのオプションを使用しても、最終的にはBrowserエージェントのJavaScriptスニペットがブラウザ監視用のページに挿入されます。個人の設定やビジネス上のニーズに合わせた方法をお選びください。また、Browserアプリケーション設定ページを使用して、設定を更新することもできます。

New Relic Browserのデプロイメントオプション 説明
APMエージェントを使用してJavaScriptを挿入する APMエージェントを使用すると、ブラウザ監視用のJavaScriptスニペットを自動的に挿入できます。すでにNew Relic APMで監視されているアプリケーションにエージェントをインストールするには、これが最も簡単な方法です。(APMの監視対象となっているアプリケーションは、New Relic APMアプリケーションインデックスに一覧表示されています。)
ウェブページにJavaScriptスニペットを貼り付ける

New Relic BrowserエージェントのJavaScriptスニペットをコピー&ペーストすることで、アプリケーションのWebページに挿入するJavaScriptの位置を正確に制御することができます。このオプションは、次のような場合に役立ちます。

  • スタンドアロン型アプリケーション、静的サイト、CDNによって配信されるキャッシュページ
  • 標準的なサーバーサイドアプリケーションと同様に、ブラウザアプリケーションに密接に連結されていないAPMアプリケーション(たとえば、クライアントサイドアプリケーションがREST APIバックエンドと通信する場合など)
シングルページアプリケーション(SPA)の監視を有効化する

SPAを有効化するにはPro + SPAサブスクリプションが必要です。またBrowserのJavaScriptエージェントの再度ディプロイが必要になる場合があります。

REST APIを使用する

New Relic REST APIを使用すると、New Relic BrowserのUI以外でデプロイメントの管理が可能になります。このオプションは、複数のアプリケーションをディプロイする大規模組織で有効です。

APMエージェントAPIを使用してJavaScriptスニペットを手動インストゥルメントする

New Relic APMで監視するアプリケーションでは、APMエージェントAPIを使用して、自動ではなく手動でJavaScriptを挿入できます。

APM監視対象のアプリケーションを有効化する

New Relic APMの監視対象になっているアプリケーションにBrowserエージェントを自動的にディプロイするには、次の手順を実行します。

  1. rpm.newrelic.com/browser > Add moreに移動します。
  2. New Relic Browserのデプロイメントページで、Enable via New Relic APMを選択します。
  3. Browserエージェントインストゥルメンテーション機能で、New Relicのサブスクリプションレベルに応じた利用可能なオプションを選択します。
  4. アプリケーション名を入力するか、検索ウィンドウを使用してアプリケーション名を検索します。
  5. Enableを選択します。

    Node.js:Note.jsアプリケーション用のBrowserエージェントの有効化を完了するには、HTMLページのheadタグの先頭にJavaScriptヘッダを挿入するための追加手順にしたがいます。

  6. アプリケーションでトラフィックを発生させます。
  7. New Relic Browserがデータ収集を開始するまで数分間待ってから、Browserアプリケーションインデックスからアプリケーションを選択します。

コピー・ペーストを有効化する

New Relic Browserのブラウザ監視用JavaScriptスニペットを、アプリケーションのウェブページに自分で挿入するには、この手順を実行してください。このオプションは、静的サイト(Jekyllなど)や、CDNで配信されたキャッシュページを監視する際に有効です。

生成されたJavaScriptの末尾付近に、New Relic BrowserのライセンスキーとアプリケーションIDがあります。これはNew Relic REST APIAPIエクスプローラーを使用する際に有効です。

  1. rpm.newrelic.com/browser > Add moreに移動します。
  2. New Relic Browserのデプロイメントページで、Copy/Paste JavaScript Codeを選択します。
  3. Browserエージェントインストゥルメンテーション機能で、New Relicのサブスクリプションレベルに応じた利用可能なオプションを選択します。
  4. アプリケーションに名前をつけます。

    • アプリケーションがNew Relic APMの監視対象となっている場合は、Yesを選択してアプリケーション名を入力するか、検索ウィンドウを使用してアプリケーション名を検索します。
    • New Relic APMの監視対象ではないスタンドアロン型のアプリケーションの場合は、Noを選択してアプリケーション名を入力します。
  5. Generate snippetを選択します。
  6. 自動表示されたスニペットをコピーしてから、ページ内の<head>要素のできる限り最上部に近く、かつ配置位置が影響する<meta>タグ(例:X-UA-Compatibleまたはcharset情報)の後にインラインでペーストします。インラインのhead配置に関する詳細については、JavaScript の配置要件を参照してください。
  7. アプリケーションでトラフィックを発生させます。
  8. New Relic Browserがデータ収集を開始するまで数分間待ってから、Browserアプリケーションインデックスからアプリケーションを選択します。

コピー・ペーストを使用した場合、セットアップが完了していなくても、アプリケーションのBrowserアプリケーション設定ページから、あるいは New Relic REST API(v2)を使用して、生成されたJavaScriptスニペットを表示・コピーできます。

APMエージェントを使用してウェブページをインストゥルメントする

この情報は、New Relic APMの監視対象となっているアプリケーションにも適用されます。

New Relicのエージェントはページロードタイミングで必要なJavaScriptを使用して、ウェブページをインストゥルメントすることができます。New Relic APMエージェントを使用してJavaScriptスニペットをウェブページに追加する場合は、できるだけ最上部に近い位置にインストゥルメンテーション用スニペットを挿入します。これによって、New Relic BrowserのAJAX呼び出しJavaScriptエラーに関する詳細な情報を有効利用できます。

詳細については、お使いのエージェント向けの手順をご覧ください。

Browserエージェントのインストレーションをトラブルシューティングする

セッショントレースAJAX 呼び出し、またはJavaScriptエラーを取得するためにBrowser Pro機能を有効にした場合、情報を入手できるようになるまで5分程度かかる場合があります。Browserのインストレーションに問題がある場合や、5分経過してもデータが表示されない場合は、トラブルシューティングのヒントを参照し、エージェントを再起動します。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: