Infrastructureエージェントの互換性

Infrastructure エージェントをインストールする前に、設定するシステムとオンホストインテグレーションが要件を満たしていることを確認します。

プロセッサアーキテクチャ

Infrastructureエージェントは次のx86プロセッサアーキテクチャのみに対応しています。

  • Linux:64ビットアーキテクチャ(64ビット版のパッケージマネージャおよび依存するパッケージも必要)
  • Windows:32および64-bitアーキテクチャ
  • ARM: AWS Graviton 2プロセッサtarballセットアップ説明).を使用)サポートはInfrastructureモニタリングに限定されます。ログフォワーディングなどのインテグレーションは、想定どおりに機能しない場合があります。

オペレーティングシステム

Infrastructureは次のオペレーティングシステムに対応しています。

オペレーティングシステム Infrastructureエージェントのサポート対象
amazon linux.pngAmazon Linux すべてのバージョン
centosアイコンCentOS バージョン6以降
Debian.pngDebian バージョン8(「Jessie」)以上
Docker アイコンDocker Docker 1.12
Kubernetes アイコンKubernetes バージョン1.10~1.16でテストを実施
redhat アイコンRed Hat Enterprise Linux (RHEL) バージョン6以降
suse アイコンSUSE Linux Enterprise Server (SLES) バージョン 11.4、12.1、12.2、12.3、および 12.4
ubuntu アイコンUbuntu LTSバージョン 14.04.x、16.04.x、および 18.04.x
Windows ServerアイコンWindows

Windows Server 2012、2016、2019、およびサービスパック

Windows 10(Infrastructure エージェントのみがサポートされています)。

オペレーティングシステムは、有効期限以降はサポートされません。

Amazon BottleRocketワークロードを監視できます:

固有ホスト名

Infrastructureエージェントは、ホスト名を使用して各サーバーを一意に識別しています。単一のホスト名に複数のサーバーが集約されることでメトリックスが不正確になるのを避けるため、モニタリング対象の各サーバーに固有のホスト名が設定されていることを確認してください。

オプションのdisplay_name設定を使用して、デフォルトのホスト名を上書きしてください。

localhost という名前のサーバーは報告されません:これはデフォルト名であり、本質的に固有ではありません。

アクセス権限

Infrastructureエージェントには以下の権限が必要です。

ライブラリ

エージェントのバージョン1.1.19以降では、Infrastructureをインストールするためにlibcapライブラリが必要です。これは、ディストリビューションの公式リポジトリにあります。

ネットワークアクセス

New Relicにデータをレポートするため、Infrastructureエージェントは特定のドメインとポートへの送信アクセス権限が必要です。お使いのシステムが、これらのドメインへの接続のためにプロキシを必要とする場合は、proxy設定を使用してください。

コンテナソフトウェア

Infrastructureエージェントはホストサーバー上にインストールされた場合、Dockerコンテナをインストゥルメントします。Infrastructureエージェントは、Dockerバージョン1.12以降に対応しています。

CPU、メモリ、ディスク使用量

Infrastructure エージェントはかなり軽量です。一般的な CPU、メモリ、ディスク使用量については、「エージェントのパフォーマンスオーバーヘッド」をご覧ください。サポートされるファイルシステムの詳細については、「ストレージのサンプル属性」をご覧ください。

設定管理ツール

Infrastructureエージェントは、いくつかの設定管理とディプロイツールを使用して、プログラミングでディプロイできます。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: