デフォルトInfrastructureイベント

New RelicのInfrastructureエージェントは、6つのプライマリイベントを使用してデータを収集・表示します。各イベントには、各種メトリックスおよびメタデータを表す関連の属性があります。

Infrastructureイベントについて理解すると、次のことを行うことができます:

データのレポートの方法の概要

イベントタイプには、独自の収集間隔があります。

Infrastructureインテグレーションを使用している場合、このドキュメントで説明される基本的なイベントタイプよりも多くのイベントがあります。一般的なAWS属性については、AWSデータをご覧ください。

Infrastructureインテグレーションから予定を変更するには:

Infrastructureイベント

Infrastructureモニタリング UIのチャートを作成するにあたっては、以下のイベントと関連の属性(メトリックスおよびメタデータ)を利用します。このデータに関するカスタムクエリとチャートを作成することもできます。

以下のイベント名を選択して、その属性を確認してください。

イベント 説明
SystemSample

SystemSampleは、サーバー全体(CPU、メモリ、ディスク、ネットワークを含む)の現在の全体的状態を記述するデータを含んでいます。このデータのスナップショットは5秒おきに記録され、SystemSampleイベントにパッケージされます。これがNew Relicに送信されます。このデータはHostsUIページに表示されます。

ProcessSample

ProcessSampleは、単一システムで実行されているシステムから詳細なリソース使用情報を収集します。一つひとつのアクティブプロセスに関して、このデータのスナップショットは20秒おきに記録され、ProcessSampleイベントにパッケージされます。これがNew Relicに送信されます。このデータはProcessesUIページに表示されます。

プロセスメトリックスは、2020年07月20日以後に作成されたアカウントについては、デフォルトでNew Relicに送信されません。プロセスメトリックスを有効にしてこのデータをInfrastructureモニタリングUIで取得します。

StorageSample

StorageSampleは、サーバーに関連する単一のストレージデバイスを表します。各サンプルは、デバイスや使用するファイルシステムの種類、現在の使用量および容量についての詳細な情報を収集します。一つひとつのマウントしたファイルシステムに関して、このデータのスナップショットは20秒おきに記録され、StorageSampleイベントにパッケージされます。これがNew Relicに送信されます。このデータはStorageUIページに表示されます。

サーバーが、次の表にあるサポートされたファイルシステム以外のファイルシステムを有するディスクを使用している場合、StorageSampleイベントはこのディスクについては生成されません。

サポートされているLinuxストレージシステム

サポートされているLinuxストレージファイルシステム

  • xfs
  • vxfs
  • btrfs
  • ext
  • ext2
  • ext3
  • ext4
  • hfs
サポートされているWindowsストレージシステム

サポートされているWindowsストレージファイルシステム:

  • NTFS
  • ReFS(バージョン1.0.976以降)
NetworkSample

NetworkSampleは、サーバーに関連する各ネットワークデバイスの詳細情報と状態の情報を取得します。これには、デバイスのインタフェースおよびアドレス情報、ならびに現在の使用量データが含まれます。一つひとつの添付ネットワークインタフェースに関して、このデータのスナップショットは10秒おきに記録され、NetworkSampleイベントにパッケージされます。これがNew Relicに送信されます。このデータはNetworkUIページに表示されます。

ContainerSample

ContainerSampleは、各Dockerコンテナに関する説明と状態に関する情報を収集します。この情報には、コンテナのID、名前、イメージ、イメージ名、またCPU、メモリ、ネットワークに関するメトリックスも含まれています。各コンテナに関して、このデータのスナップショットは15秒おきに記録され、ContainerSampleイベントにパッケージされます。これがNew Relicに送信されます。このデータはContainersUIページに表示されます。詳しくは、Dockerモニタリングをご覧ください。

InfrastructureEvent

InfrastructureEventは、システムがライブ状態のときに発生する変化(デルタ)を説明します。インベントリまたはシステムの状態が追加/削除/変更されると、New Relicは、その活動を記録するInfrastructureEventを作成します。このデータはEventsUIページに表示されます。

Infrastructureインテグレーションデータの詳細に間しては、特定のインテグレーションに関するドキュメントを参照してください。

AWSインテグレーションが有効になっている場合、InfrastructureイベントにAWS属性を添付することもできます。

Infrastructureデータをクエリする

Infrastructureデータをクエリすることで、問題のトラブルシューティングまたはチャートの作成、あるいは利用可能なデータの把握が可能です。例えば、ProcessSampleに添付されたデータが何か確認するには、次のNRQLクエリをします:

SELECT * FROM ProcessSample

次元メトリックを使用してインフラストラクチャをクエリすることもできます。

カスタム属性を追加する

New Relic YAMLファイルで、Infrastructureカスタムアトリビュートを作成できます。このメタデータを使用して、次のことを行います:

一般的なAmazon EC2属性

Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)アカウントをInfrastructureモニタリングに接続すると、New RelicはAmazon EC2インスタンスからデータを報告します。Amazon EC2関連の属性は、あらゆるイベントで使用可能な一般的な属性です。この属性は、EC2 APIから引き出されます。CloudWatch情報は収集されません。

これらの属性と属性の値は、Amazonが公開するデータを変更すると、変更される場合があります。

awsRegion
AWSサーバーが存在する地域(Amazon Web Servicesが決定)。この属性は、New Relicを使用してAmazon EC2サーバーを監視する顧客についてのみ存在します。
awsAvailabilityZone
AWSサーバーが存在する可用性ゾーン(Amazon Web Servicesが決定)。この属性は、New Relicを使用してAmazon EC2サーバーを監視する顧客についてのみ存在します。
ec2InstanceType
AWS固有のコードで表示される、Amazon Web Servicesのインスタンスタイプ。この属性は、New Relicを使用してAmazon EC2サーバーを監視する顧客についてのみ存在します。
ec2InstanceId
Amazon Web Servicesインスタンスの、サーバーの一意の識別番号。この属性は、New Relicを使用してAmazon EC2サーバーを監視する顧客についてのみ存在します。
ec2AmiId
Amazon EC2インスタンスのブートストラップにAmazon Web Servicesが使用する画像の、Amazon Machine Image(AMI)識別番号。この属性は、New Relicを使用してAmazon EC2サーバーを監視する顧客についてのみ存在します。
ec2SubnetId
サーバーが接続されるネットワーキングサブネットの識別子。この属性は、New Relicを使用してAmazon EC2サーバーを監視する顧客についてのみ存在します。
ec2VpcId
このサーバーの仮想プライベートクラウドの識別子(ある場合)。この属性は、New Relicを使用してAmazon EC2サーバーを監視する顧客についてのみ存在します。
その他のAmazon EC2の属性
Amazon Web Servicesが、New Relic向けに公開しているメタデータを変更した場合、収集されたその他の属性と値も利用できます。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: