Infrastructureエージェントの起動、停止、再起動、ステータス確認

Infrastructureエージェントはインストレーションスクリプトの実行後、自動的に起動します。ただし、エージェントの設定を変更した後などは、手動でのエージェント再起動の必要がある場合があります。Linuxシステムでは、お使いのオペレーティングシステムのバージョンに応じてエージェントがinitシステムを選択します。Infrastructureエージェントからデータが何も表示されない場合は、データが表示されないをご覧ください。

Linux:エージェントの起動、停止、再起動、ステータス確認

Linuxシステムの場合は、必ずお使いのinitシステムの正しいコマンドを使用してください。必要に応じて、startstoprestartstatusを選択してください:

  • SystemD(Amazon Linux 2、SLES 12、CentOS 7以降、Debian 8以降、RHEL 7以降、Ubuntu 15.04以降):

    sudo systemctl <start|stop|restart|status> newrelic-infra
  • System V (Debian 7, SLES 11.4, CentOS 5, RHEL 5):

    sudo /etc/init.d/newrelic-infra <start|stop|restart|status>
  • Upstart(Amazon Linux、CentOS 6、RHEL 6、Ubuntu 14.04以前):

    sudo initctl <start|stop|restart|status> newrelic-infra

Windows:エージェントの起動、停止、再起動、ステータス確認

Windows Serverの場合は、Windowsのコマンドプロンプトを使用してください。

  • Windowsエージェントを起動または停止する:

    net <start|stop> newrelic-infra
  • Windowsエージェントを再起動する:

     net stop newrelic-infra ; net start newrelic-infra 
    またはPowerShellでは:
     Restart-Service newrelic-infra 
  • PowerShellでWindowsエージェントのステータスを確認する:

    (Get-Service newrelic-infra).Status

エージェントログをカスタマイズする

Infrastructureエージェントがデフォルトのロケーションにログを記録します。このロケーションは、プラットフォームによって左右されます。この場所は、log_file設定でカスタマイズできます。また、トラブルシューティングのための詳細なログを生成することもできます。

お使いのinitシステムを特定する

Windows Serverの場合、このドキュメント内のコマンドはWindowsのコマンドプロンプトで使用します。

Linuxの場合、Infrastructureエージェントがお使いのディストリビューションに適したinitシステムを選択します。

ディストリビューション SystemD System V Upstart
Amazon Linux 確認
Amazon Linux 2 確認
CentOS 5 確認
CentOS 6 確認
CentOS 7 確認
CentOS 8 確認
Debian 7(「Wheezy」) 確認
Debian 8(「Jessie」) 確認
RHEL 5 確認
RHEL 6 確認
RHEL 7 確認
RHEL 8 確認
Ubuntu、14.04以前 確認
Ubuntu、16.04以降 確認

SLES 12 確認
SLES 11 確認

設定管理ツール

Infrastructureエージェントを設定管理ツールを使用して管理するには、次をご覧ください。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: