New Relic Infrastructureの概要

New Relic Infrastructureは、フレキシブルでダイナミックなサーバー監視を提供するエージェントです。実際のデータセンターからAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)あるいはMicrosoft Azureの数千におよぶインスタンスまで、複雑化したシステムに関して聡明な意思決定が行えるよう、Infrastructureは現代の運営チームに力を与えます。

リアルタイムのメトリックと強力な解析により、ホストパフォーマンスの変化を設定の変更と関連付けて考察することで、平均解決時間(MTTR)を短縮できます。作成されたホストは自動的にインターフェースに追加されます。また、デストロイドホストは自動的にインターフェースから削除されます。変更はすべて強力なイベントページで確認できます。

Infrastructure UIは、アーキテクチャ全体をカバーします。

サブスクリプションレベルデータ保持期間によっては、この機能を利用できない場合があります。価格設定については、 Infrustructureの監視の価格設定を御覧ください。

インストレーション:Infrustructureをインストール・設定する

Infrastructureは軽量で、LinuxWindowsに簡単にインストールできます 。エージェントは追加設定を必要としないため、システム内のあらゆるホストの監視が容易になります。Dockerのインストゥルメンテーションは自動的に実行されます。またAmazon EC2タグの容易なインポートで、地域やインスタンスサイズなどのカテゴリ別でのホストの追跡を可能にします。

New Relic Infrastructureは、次の3つの手順を実行するだけでインストールできます。

  1. ライセンスキーを使用して、設定ファイルを作成します。
  2. エージェントをダウンロードします。
  3. インストールスクリプトを実行します。

Infrastructureエージェントはインストレーションスクリプトの実行後、自動的に起動します。追加の設定は必要ありません。エージェントによるパフォーマンスへの影響はほとんどありません

必要に応じて、手動による起動、停止、再起動、ステータス確認が可能です。追加のインストレーション情報や設定情報については、LinuxWindows、または設定管理ツールについてのドキュメントをご覧ください。またオプションでデータにカスタムアトリビュートを追加することもできます。

インテグレーションによる可視性の向上

Infrastructureインテグレーションは、Amazon Web Services(AWS)AzureMySQL、およびCassandraを含む人気システムに対するより優れた可視性を提供します。また、CollectdMemcachedなどのオープンソースインテグレーションを使用したり、インテグレーションSDKを使用して独自のカスタムインテグレーションを行うこともできます。Infrastructureにインテグレーションを接続すると、アラートやダッシュボードが自動的に拡張され、完全なカバレッジが得られます。

AWSインテグレーションを使用すると、AWSアカウントを監視し、アーキテクチャの全体像を1か所で確認することが可能になります。AWSインテグレーションは、サブスクリプションレベルに応じて利用できます。例えば:

  • すべてのInfrastructureアカウント:New RelicはEC2データをInfrastructureエージェントのデータに自動的に接続し、Infrastructure UIで拡張フィルタリングやグループ化を提供します。
  • Infrastructure Proアカウント:Infrastructure Proでは、お使いのAWSインテグレーションNew Relic Insightsを合わせて使用することで、AWSの使用状況をはるかに正確に理解できます。

フィルターセット:ホストを細かく分割する

フィルターセット を使用すると、最も重要な基準に基づいてホストを整理できます。ホストのフィルタリングは地理的な場所、ホスト名、またはLinuxディストリビューションなどの任意のInfrastructure属性別に行うことができます。

またAWSリージョンやインスタンスタイプなど、Amazon EC2の属性別にフィルタリングすることもできます。またカスタムアトリビュートを追加して、どのチームがホストやホストで実行されるサービスを管理するかといったことに関して、固有のメタデータを定義できます。

ワークフロー:メトリックスを変更イベントと関連付ける

Infrastructureでイベントベースの固有ワークフローを利用して、平均解決時間(MTTR)を短縮します。

特定のアプリケーションパフォーマンス問題を解決する一例をご紹介します。

  1. Infrastructureアラートを受けとったか、いずれかのフィルターセットにパフォーマンス上の問題があることに気づいたことにより、ログインサービスの減速が発覚しました。
  2. クリックしてホストページに移動し、ログインサービスと記されたカスタムフィルターセットのパフォーマンス情報を表示すると、CPU使用率の急増が見られます。
  3. ホストCPUチャート上で、イベントフィードは、CPU使用率が急増する直前にパッケージが変更されたことを示しています。これらのパッケージをクリックすると、イベントページで関連のある時間までドリルダウンできます。
  4. イベントページで、問題が特定のパッケージバージョンに起因していることが分かりました。
  5. インベントリページに切り替え、特定のパッケージバージョンを実行しているサーバーをインフラストラクチャで検索し、より安定したリリースにダウングレードします。
New Relic Infrastructureのメインページ
infrastructure.newrelic.com > Hosts:New Relic Infrastructureを使用すると、インフラストラクチャ全体の健全性を一目で確認し、Amazon EC2タグなどの関連性の高い情報のみを表示するフィルターを利用できます。

詳しくは、New Relic UniversityのImproving Performance with New Relic Infrastructureチュートリアルを参照してください。または、完全なGetting Started with Infrastructureのオンラインコースに直接アクセスしてください。

その他の主な機能

New Relic Infrastructureには、次の機能も含まれています。

機能 説明
New Relic Insightsのサポート

New Relic Insightへのアクセスを利用して、以下を実行できます。

New Relic APMインテグレーション

Infrastructure監視ホストにNew Relic APMがインストールされている場合は、InfrastructureにAPMデータが表示されます。これにより、サーバー側でもアプリケーション側でも問題の発生場所に関係なく、パフォーマンス問題をトラブルシューティングできます。

インベントリ検索 インベントリページでは、インフラストラクチャ全体を検索し、特定のパッケージ、設定ファイル、または起動スクリプトが含まれるホストを正確に特定できます。たとえば、ハートブリードセキュリティバグに対して脆弱なOpenSSLのバージョンを含んだホストを検索することもできます。
イベントログ Infrastructureのイベントは、各ホストでの変更、再起動、SSHセッション、その他の重要なイベントの変更を追跡します。リアルタイムフィードで、インフラストラクチャ全体の変更ログを提供します。
リアルタイムに近いデータ Infrastructureは5秒以内に安全にデータを収集・表示するため、監視が現実から遅れを取ることはありません。
アラート条件は、関連するチャートから直接作成されます。

関連性のあるInfrastructureチャートから直接、アラート設定を作成、表示、または更新できます。たとえば、InfrastructureエージェントからNew Relicへのデータ送信が停止したときに通知を受信したい場合、host not reporting(ホストがレポート停止)アラート条件を作成できます。

関連するアラートポリシーは現在のフィルターセットを考慮するため、それぞれの環境の特定のチーム、サービス、または要素に応じたアラート条件を作成することができます。New Relic Alertsは一致するアラート条件に新しいインスタンスを自動的に追加するため、既存のアラート条件を手動で微調整する必要がありません。

その他のUI機能

主要なワークフローで使用されるホストインベントリイベントページに加え、Infrastructureにはシステムを管理するための他のツールが備わっています。

  • プロセス:システム全体のCPUパフォーマンスの表示、CPUに基づくアラート条件の作成、さらに負荷が高いまたは低いホストの検出を行います。
  • ネットワーク:システム全体のネットワーク負荷の表示、負荷分散の比較、さらに最も一般的なネットワークエラーの表示を行います。
  • ストレージ:システム全体のディスク使用量の表示、ディスクに基づくアラートの設定、将来に向けたストレージキャパシティプランニングを行います。

トラブルシューティング

トラブルシューティングのリソースについては、データが表示されないとその他のトラブルシューティングに関するドキュメントをご覧ください。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: