Insightsにカスタムデータを送る

New Relic 製品は、特定のイベントに含まれるデータを 自動的に Insights アカウントに 入力します。これらのイベントには、補足的なデータ(カスタムアトリビュート)を追加するか、完全に独自の属性を含むイベント(カスタムイベント)を送信することができます。その後、NRQLまたはInsightsイベントエクスプローラーを使用して、カスタムイベントなどのイベントデータのサンプリング、クエリ、また図表化が可能です。

詳しくは、New Relic Universityの Custom Instrumentation Overview with Insightsチュートリアルを参照してください。もしくは、完全オンラインコースの Custom Data with Insightsに直接アクセスしてください。

ガイドラインと要件

カスタムアトリビュートやカスタムイベントを大量に追加すると、クエリのパフォーマンスが低下し、イベントの挿入頻度制限に達する可能性があります。最適なパフォーマンスを確保するには、まず分析したいデータを考慮し、その後にイベントに必要なカスタムアトリビュートのみを作成するようにしてください。

カスタムデータの挿入とアクセスに関しては、以下のデータ要件とサブスクリプション要件に注意してください。

カスタムデータの送信方法

使用中の他のNew Relic 製品とエージェントに基づいてInsightsにカスタムデータを送信するには、以下の方法を使用してください。

ソース カスタムデータの送信方法
APMエージェント エージェントAPIを使用して、カスタムイベントカスタムアトリビュートをAPM Transactionイベントに追加します
Browserエージェント

Browser APIコールのaddCustomAttributeを使用して、PageViewイベントにカスタムアトリビュートを追加します。PageActionイベントと属性をBrowser APIを使用して送信します。

APMエージェントのカスタムアトリビュートをPageViewイベントに転送します。

Insights REST API Insights REST API を使用したカスタムイベントの挿入
Infrastructure デフォルトのInfrastructureイベントにカスタムアトリビュートを追加 します。
Mobileエージェント モバイルエージェントAPI を使用して カスタムイベントとカスタムアトリビュートを送信します。
Synthetics $util.insightsツールを使用して、SyntheticCheckイベントにカスタムアトリビュートを追加します。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: