New Relic Syntheticsでレポートされるイベント

New Relic Sは、一部のUIで表示されクエリとチャート作成が可能なイベントデータをレポートします。

Syntheticsによりレポートされるイベントは、以下の表に示されています。イベント名を選択して、その属性を確認します。

イベント 説明
SyntheticCheck

SyntheticCheckは、特定のモニターを1回実行して生じるメトリックスを返します。このメトリックスには、モニターの処理時間情報やモニターチェックのロケーション、リクエストヘッダーと回答ヘッダーのサイズ、モニターの種類、タイムスタンプが含まれます。

Syntheticsモニターがチェックを行うたびに、そのチェックにcanする詳細がSyntheticCheckイベントタイプにキャプチャされます。SyntheticCheckイベントには、チェック固有の詳細情報が含まれ、ステータス、モニターのタイプ、リクエストとレスポンスヘッダーのサイズといった可視性を提供します。

SyntheticRequest

SyntheticRequestは、チェックの間に行われた個別のHTTPリクエストからの結果を返します。収集されたデータには、ジョブ情報やロケーション、リクエストの内容の種類、処理時間情報、リクエストのサイズ、ページロード情報が含まれます。

シンプルモニターチェックまたはスクリプト化モニターチェックのたびに、そのチェック中に行われた個々のHTTPリクエストがキャプチャされます。HTTPの詳細情報は、SyntheticsCheckイベントタイプよりも詳しいレベルでキャプチャされます。

SyntheticPrivateLocationStatus プライベートロケーションで実行されるすべてのモニターチェックにより、そのプライベートな場所の処理能力の詳細がトリガされます。この詳細は、SyntheticPrivateLocationStatusイベントで取得されます。これにより、プライベートロケーションの能力や、ワークロードのサポートに追加のミニオンが必要かどうかが可視化されます。
SyntheticPrivateMinion

ファイアウォールの内側のロケーションなどプライベートロケーションがある場合、SyntheticsPrivateMinionイベントを使用してこのロケーションに関する情報を表示できます。

プライベートミニオンが動作するたびに、30秒ごとにヘルス詳細情報がSyntheticPrivateMinionに送信されます。これにより、そのロケーションで動作するプライベートミニオンのヘルス状態を理解することができます。

関連ドキュメント:

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: