iOSの手動インストレーション

New Relic 機能をご使用のiOSアプリケーションとともにインストールして設定するには、以下の手順に従ってください。ご使用のiOSアプリケーションがCocoapodsを使用する場合は、Cocoapodsインストレーション手順に従ってください。

ご使用のiOSアプリケーションのインストール

インストレーションプロセスの一環として、New Relic はアプリケーショントークンを自動的に生成します。これはNew Relic でモニタリングする各モバイルアプリケーションを認証するための40文字の16進数の文字列です。

iOSアプリケーションをインストールして設定するには:

  1. one.newrelic.comに移動します。
  2. 該当する場合:Mobile Appsインデックスから、「丸の中に十字」Add a new appを選択します。
  3. Get startedページから、モバイル監視用のプラットフォームとして iOSを選択します。
  4. モバイルアプリケーションに名前を付けて、Continueを選択します。

New Relic の設定手順を続けます。

New Relicフレームワークをアプリケーションに追加する

  1. New Relic 用の iOS SDKをダウンロードし、解凍します。
  2. New Relic フレームワークをXcodeプロジェクトに追加するには:Finderを使用して、NewRelicAgent.frameworkフォルダをXcodeプロジェクトにドラッグし、Project navigatorウィンドウにあるプロジェクトにドロップします。
  3. プロンプトに従って、アイテムを宛先にコピーし、フォルダ参照を作成します。
  4. プロジェクトのGeneral設定で、次のライブラリをリンクされたフレームワークとライブラリに追加します。

    • CoreTelephony.framework
    • SystemConfiguration.framework
    • libc++.tbd
    • libz.tbd
  5. 適切な方法を使用してエージェントを実装します。

    適切なインストゥルメンテーションを確保するために、didFinishLaunchingWithOptions()の先頭行でエージェントを呼び出し、メインスレッドでエージェントを実行する必要があります。呼び出しを後回しにして、バックグラウンドスレッドで実行したり、非同期で実行したりすると、想定外の動作や不安定な動作を引き起こす場合があります。

    言語 手順
    Objective-C
    1. エージェントを起動するには:New Relic ヘッダーをprefix.pchの先頭にインポートします。
    2. +[NewRelic startWithApplicationToken:@"<appToken>"]-application:didFinishLaunchingWithOptions:AppDelegate.m内)に追加します。これは、自動的に生成される一意のアプリケーショントークンを使用して実行できます。
    Swift
    1. ブリッジングヘッダファイルを作成します。

      1. File(ファイル)> New(新規)> File(ファイル)> Objective-C File(Objective-Cファイル)の順に選択します。
      2. Placeholder.mに名前を設定して、Next(次へ)を選択します。
      3. Create(作成)を選択し、ブリッジングヘッダの生成を促すXcodeプロンプトに同意します。
      4. Placeholder.mを削除します。
    2. #import "NewRelicAgent/NewRelic.h"MyApp-Bridging-Header.hの先頭に追加して、New Relic エージェントをインポートします。

    3. 自動的に生成される一意のアプリケーショントークンを使用して、NewRelic.start(withApplicationToken: ">appToken>")AppDelegate.swift内のapplication(_:didFinishLaunchingWithOptions:)に追加します。

  6. ビルドスクリプトをターゲットのビルドフェーズに追加します。新しいビルドスクリプトが最後のビルドフェーズであることを確認してから、以下をペーストして、PUT_NEW_RELIC_APP_TOKEN_HEREをアプリケーショントークンに置き換えます:

    SCRIPT=`/usr/bin/find "${SRCROOT}" -name newrelic_postbuild.sh | head -n 1`
    /bin/sh "${SCRIPT}" "PUT_NEW_RELIC_APP_TOKEN_HERE"
  7. アプリをクリーンにして構築してから、シミュレータまたは他のデバイスで実行します。

オプション:デモクラッシュを実行する

アプリがクラッシュする問題が発生している場合、New Relic エージェントでは API でデモクラッシュを実行できます。

推奨事項:以下のいずれか 1 つの命令行を、必要応じて、ボタンクリックイベントハンドラに追加します。

言語 コード
Objective-C

クラッシュ:

[NewRelic crashNow];

ログメッセージ付きクラッシュ:

[NewRelic crashNow:@"<reason>"];
Swift

クラッシュ:

NewRelic.crashNow()

ログメッセージ付きクラッシュ:

NewRelic.crashNow(_ message:)

オプション:ロギングレベルの変更

モバイルアプリをモニタリングする際は、以下の6つのログレベルを使用できます。

  • none
  • error
  • warning
  • info
  • verbose
  • ALL

アプリでロギングレベルを上げるには、以下のメソッドを追加します。

言語 コード
Objective-C

AppDelegate.mstartWithApplicationTokenを呼び出す直前に、以下の行を追加してください。

[NRLogger setLogLevels:NRLogLevelALL];
Swift

AppDelegate.swiftstart(withApplicationToken:)を呼び出す直前に、以下の行を追加してください。

NRLogger.setLogLevels(NRLogLevelALL.rawValue)

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: