エンティティエクスプローラー:アプリやサービス、ホスト全体でパフォーマンスを表示

エンティティエクスプローラーを使用して、モニターしている全てのアプリケーション、サービス、そしてホストに関するパフォーマンスデータにアクセスしましょう。

エンティティの詳細については、エンティティとはをご覧ください。

エンティティを表示

エンティティエクスプローラーを使用するには:one.newrelic.comからEntity explorerを選択します。

モニターしているエンティティが左側に表示されます。全てを表示するには、エンティティリストをスクロールする必要があるかもしれません。

New Relic Oneのエンティティエクスプローラー
one.newrelic.com > Entity explorer: エンティティエクスプローラーを使用して、監視しているエンティティを詳しく調べましょう。

エンティティエクスプローラーは、New Relic全体から報告されたデータを集約します。以下は、エンティティのカテゴリーになります:

稼働(アラート)ステータス

エンティティエクスプローラーでは、エンティティの色分けされたアラートステータスを確認できます。たとえば、赤色のステータスはCriticalな違反が進行中であることを示しています。

New Relic Oneのエンティティのアラートステータス

  • アラートステータスの意味を確認するには、ステータスにマウスを合わせます。
  • エンティティのアラートステータスの詳細を確認するには、そのエンティティを選択します。

NRQLアラート条件は特定のエンティティと関連付いていないため、アラートステータスの判別には使用しません。

2020年06月08日以降、New Relic One は、93日間データを報告していない APMアプリケーションの表示を継続しません。パブリッシュされた APM データ保持期間ガイドラインに適合するよう、データを報告していないアプリケーションは、New Relic UI 内で90日間利用できます。90日が経過すると、これらのアプリケーションは UI から削除されます。 ただし、主要なメトリックはサブスクリプションレベルに基づいて、New Relic REST API を介して引き続き利用できます。詳しくは、New Relic の「Explorers Hub の投稿」をご覧ください。

タブまたはエンティティ名によるフィルタリング

エンティティを特定の種類に絞り込むには、複数の方法があります:

  • タグでエンティティをフィルタリングする。ページ上部にあるタグでフィルタリングを使用します。たとえば、productionのタグが付いたエンティティのみ、あるいは特定のAWSリージョンタグの付いたエンティティのみに絞り込むことができます。タグの詳細についてはタグ付けを参照してください。
  • エンティティ名でフィルタリング。ページ上部にある、名前でサービスを検索を使用します。

エンティティデータ保持期間

データの可用性は、次の要因により異なります。

範囲 データ保持期間
エンティティエクスプローラーと検索 UIでは、データは、以下の1つの例外を除いて、エンティティが消滅してから8日間は利用可能です。Amazon AWSなどのインテグレーションによってレポートされるデータは、エンティティが消滅してから1日間のみ利用可能です。
当社のデータベース(NRQLクエリ経由でアクセス可能) 当社データベースのクエリ(例:クエリビルダーやデータエクスプローラーを介して)では、可用性はそのデータタイプのデータ保持期間により異なります。

こうした要因が関係することで、短寿命のエンティティ(クラウドホストなど)はエンティティエクスプローラーリストあるいは検索で利用できないものの、NRQLクエリ経由であれば依然として利用できる可能性があります。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: