New Relic Oneのエンティティエクスプローラー:アプリやサービス、ホスト全体でパフォーマンスを表示

New Relic Oneのエンティティエクスプローラーを使用して、監視している全てのアプリケーション、サービス、そしてホストに関するパフォーマンスデータにアクセスしましょう。詳しくは、エンティティとは?を参照してください。

エンティティを表示

エンティティエクスプローラーを使用するには:one.newrelic.comからEntity explorerを選択します。

監視している全てのエンティティが左側に表示されます。全てを表示するには、エンティティリストをスクロールする必要があるかもしれません。

New Relic Oneのエンティティエクスプローラー
one.newrelic.com > Entity explorer: エンティティエクスプローラーを使用して、監視しているエンティティを詳しく調べましょう。

エンティティエクスプローラーは、New Relic全体から報告されたデータを集約します。以下は、エンティティのカテゴリーになります:

  • サービスNew Relic APMが監視するアプリケーションとサービス。
  • ホストNew Relic Infrastructureが監視するサーバーとホスト。
  • モバイルアプリケーションNew Relic Mobileが監視するアプリ。
  • BrowserアプリケーションNew Relic Browserが監視するアプリ。
  • Integrationの報告データNew Relic Integrationsが監視するサービスのデータも記載されます。これには、Kubernetesのようなオンホストインテグレーションのほか、Amazon AWSまたはMicrosoft Azureのようなクラウドインテグレーションも含まれます。

New Relic Oneのエンティティをさらに詳しく見ますか?New RelicのExplorers Hubから、New Relic Oneのアカウントの記事を読んで下さい。あるいは、こちらの動画を視聴してください(4分未満)。New Relic Oneの詳細については、完全オンラインコースからも確認できます。

稼働(アラート)ステータス

エンティティエクスプローラーでは、New Relic Alertsにおけるエンティティの色分けされたアラートステータスを確認できます。たとえば、赤色のステータスはCriticalな違反が進行中であることを示しています。

  • アラートステータスの意味を確認するには、ステータスにマウスを合わせます。
  • エンティティのアラートステータスの詳細を確認するには、そのエンティティを選択します。
New Relic Oneのエンティティのアラートステータス

NRQLアラート条件は特定のエンティティと関連付いていないため、アラートステータスの判別には使用しません。

タブまたはエンティティ名によるフィルタリング

エンティティを特定の種類に絞り込むには、複数の方法があります:

  • タグでエンティティをフィルタリングする。ページ上部にあるタグでフィルタリングを使用します。たとえば、productionのタグが付いたエンティティのみ、あるいは特定のAWSリージョンタグの付いたエンティティのみに絞り込むことができます。タグの詳細についてはタグ付けを参照してください。
  • エンティティ名でフィルタリング。ページ上部にある、名前でサービスを検索を使用します。

New Relic Oneにおけるエンティティデータの保持

エンティティのデータ保持期間は、次の要因により異なります。

以下のものからのエンティティデータ データ保持期間
New Relic Oneのエンティティエクスプローラーおよび検索 データは、以下の1つの例外を除いて、エンティティが消滅してから8日間は利用可能です。Amazon AWSなどのインテグレーションによってレポートされるデータは、エンティティが消滅してから1日間のみ利用可能です。
New Relicデータベース(NRQLクエリを使用してアクセス可能) データの利用可能性はサブスクリプション関連のデータ保持期間に左右されます

こうした要因が関係することで、短寿命のエンティティ(クラウドホストなど)はNew Relic Oneのエンティティリストあるいは検索で利用できないものの、NRQLクエリ経由であれば依然として利用できる可能性があります。

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: