ダッシュボード入門

データを道路の複雑なシステムとして捉える:道路の標識や信号に従い運転し、収集する情報の意味を迅速に把握し実行する必要があります。New Relic Oneダッシュボードは、New Relicプラットフォームのあらゆる場所から、表示したい特定のデータを収集して、お望みの方法でチャートを作成します。

dashboards_intro.png

InsightsからNew Relic Oneに切り替える場合移行ガイドをご覧ください。

重要な理由

New Relic Oneダッシュボードを使用して、収集するデータをカスタマイズして理解できます。カスタマイズされたユーザーフレンドリーなチャートでデータを詳しく調べ、つながりのあるソースの相関性を導き、システムとアプリケーションの状態を素早く理解することで、より迅速かつ効率的なトラブルシューティングを行います。

ダッシュボードを利用して、次のことを行います:

  • 一貫したUIによるカスタムの高密のインタラクティブな可視化により、知見を深める。
  • プラットフォームのどこからでも、すべてのイベントと属性のチャートを作成する。詳細については、デフォルトのデータ収集に関する弊社のドキュメンテーションを参照してください。
  • カスタム属性の追加またはカスタムイベントタイプの送信を大半のイベントに対して行います。これにより、貴社のビジネスへの理解力を高め、ページビュー数やホストトランザクションなど、顧客とプラットフォームのインタラクションに関する具体的なポイントを確認できます。
  • クイックアクセスCRUDメニューと編集オプションによって、チャートとダッシュボード管理を容易にします。
  • 高度な補足説明機能とズームイン機能でデータの探索とコンテキスト化を行い、貴社システムのリアルタイムのアクティビティをモニターできます。
  • ダッシュボードで属性とメトリックスを検索します。
  • APIを使用してダッシュボードにデータを送信します。

New Relic全体にまたがるダッシュボードを表示する

New Relic Oneのダッシュボードには、元々のNew Relicプラットフォームとの完全な下位互換性が備わっているため、Insightsで作成した全てのダッシュボードがダッシュボードで自動的に利用できるようになります。つまり、新たにダッシュボードを追加すると、Insightsでも作成されます。追加の設定は必要ありません。

New Relic Oneでは、クロスアカウント検索を利用することで、組織全体にまたがるダッシュボードを表示できます。

ダッシュボードの使用を開始

ダッシュボードにアクセスするには、one.newrelic.comに移動し、ナビゲーションメニューの上部にあるダッシュボードをクリックします。

Access_dashboards.png

ダッシュボードの索引で、New Relicアカウントに関連するすべてのダッシュボードとデータアプリを表示できます。これには、New Relic Oneプラットフォーム内で作成したダッシュボードと、Insightsで構築したダッシュボードが含まれます。

上部のバーから、エンティティエクスプローラーや、APMやBrowser、Infrastructure monitoring、Logs、インテリジェンスの応用などすべてのNew Relic機能に迅速にアクセスします。また、プラットフォーム全体で使用できるデータの検索やクエリなどのNew Relic Oneの中心的な機能も使用できます。

Dashboards_index.png

各ダッシュボードで、索引に次の情報が表示されます:

  • 星で表される、お気に入りのステータス
  • 名前:ダッシュボードの名前
  • アカウント:ダッシュボードが属するアカウント
  • 作成者:ダッシュボードを作成したユーザー
  • 最終編集日時:直近のダッシュボード変更の日時
  • 作成日時:ダッシュボードの作成日時:

次のアクションを行えます:

ダッシュボードの作成

ダッシュボードの索引の右上隅にある+ダッシュボードを作成ボタンを選択して、ダッシュボードからNew Relic Oneでダッシュボードを作成できます。

  1. ダッシュボードに名前を付ける名前は検索可能なため、ダッシュボードを簡単に検索できる意味のある名前(例として、サービスやアプリケーション)を付けることを推奨します。
  2. ダッシュボードが属するアカウントを選択します。このアクションは変更できないため、慎重に選択してください。
  3. 作成を押して続けるか、キャンセルを押して索引に戻ります。

デフォルトでは、ダッシュボードはパブリック - 読み取りと書き込み許可で作成されます。ダッシュボードにアクセスした後、設定メニューから編集できます。

または、次のように新規のダッシュボードを作成することもできます:

複数のページでダッシュボードを整理するには、ダッシュボードにページを追加します。

ダッシュボードのクローンを作成

索引のダッシュボード行の上にカーソルを移動すると表示されるダッシュボードのクローンを作成ボタンをクリックして、ダッシュボードのクローンを作成します。

許可のレベルにかかわらず、あらゆるダッシュボードのクローンを作成できます。

ダッシュボードは自動的にコピーされ、クローンが索引に追加されます。画面にポップアップ表示されるメッセージをクリックして、新規ダッシュボードにアクセスします。

クローン版のダッシュボードには、元のダッシュボードの名前の後に「copy」が付けられます。たとえば、this is my dashboardという名前のダッシュボードのクローンを作成すると、クローンはthis is my dashboard copyとして作成されます。クローンの許可は、パブリック - 読み取りと書き込みとなります。

ダッシュボードの名前や許可などのその他のプロパティは、いつでも編集できます。

索引には、並べ替えに従いダッシュボードが表示されます。クローン版のダッシュボードを迅速に検索するには、作成日でダッシュボードを並び替えると、新規のダッシュボードが先頭に表示されます。

ダッシュボードの削除

ダッシュボードを削除するには、削除ボタンが表示されるまで、索引のダッシュボード行の上にカーソルを移動します。自身で作成した場合、または許可がパブリック - 読み取りと書き込みの場合しか、ダッシュボードは削除できません。詳しくは、許可についての情報を参照してください。

ダッシュボードの設定パネルから、ダッシュボードを削除することもできます。

ダッシュボードにお気に入りの印を付ける

ダッシュボードの隣にある星のアイコンをクリックすると、お気に入りがオンとオフで切り替わります。ダッシュボードをお気に入りにすると、リストの先頭にあるその他のお気に入りのダッシュボードと同じグループに入り、New Relic Oneのホームページで表示されます。

お気に入りからダッシュボードを削除するには、星のアイコンをもう一度選択します。

New Relic Oneは、Insightsからお気に入りのダッシュボードを取得しません。

索引の上にある検索ボックスを使用して、ダッシュボード名と作成者別に、ダッシュボードの検索を行えます。

索引でダッシュボードの並べ替えも行えます。デフォルトでは、直近に編集したダッシュボードが、お気に入りとお気に入り以外のセクションの両方で、索引の先頭に表示されます。この順序を変更するには、索引の任意の列で両方のセクションを並べ替えると、直近の並べ替えの結果が、次回New Relic Oneにアクセスした際に表示されます。

ダッシュボードのアクセス許可

ダッシュボードには、次の3種類の権限があります。

  • パブリック - 読み取りと書き込み: すべてのユーザーが、ダッシュボードに対し完全な権利を有します。
  • パブリック - 読み取りのみ: すべてのユーザーはダッシュボードを表示できますが、ダッシュボードで作業を行う完全な権利を有するのはあなただけです。他のユーザーはダッシュボードにアクセスし、クローンを作成できますが、編集や削除はできません。
  • プライベート: ダッシュボードを表示できるのはあなただけです。

ダッシュボードを作成ボタンを使用して、または別のダッシュボードのクローンを作成してダッシュボードを作成すると、デフォルトでパブリック - 読み取りと書き込みの権利が付与されます。新規ダッシュボードにアクセスして、この設定を変更します。

タグを使用してダッシュボードを整理する

タグ作成APIであるNerdGraphを使用して、タグを追加できます。

タグによりダッシュボードにフィルタを適用できます。これにより、ユーザーアカウントやロケーションなどを特定できます。タグフィルターをクリックして使用可能なタグを表示すると、リストから1つ以上のタグを簡単に選択して、索引でダッシュボードを絞り込むことができます。

主要な視覚化ツール

ダッシュボードには、詳細なデータ検索や迅速なトラブルシューティングのための、分かりやすい視覚化機能とツールが備わっています。

一貫したチャートの色

データやファセットをすぐに表示し関連付け、ダッシュボードで1つ以上のチャートに適用し、すべてのチャートでファセットの色を一貫したものにできます。

関連するニードル

マウスをチャートの上に移動すると、関連するニードルが、同時にダッシュボードのすべてのチャートやデータポイントに重なって表示されます。ツールチップには、線チャートの最大値や最小値など、選択したファセットからの関連データポイントが記載されています。また、パイチャートで選択した属性をハイライト表示します。

データスクラバー

チャートスクラバーを使用して、チャートが密集しており、ファセット間の距離が非常に近い場合に、チャートでデータポイントやファセットを選択できます。

マウスをニードルの側に移動し、隣にあるファセットをスムーズに選択し、関連するデータポイントを表示します。また、UIに表示される1つ以上の属性の選択を解除して、投入データの多いチャートのデータ投入を減らすこともできます。

拡大ブラシ

ドラッグしてチャート上の時間セグメントを選択すると、ダッシュボードのすべてのチャートでその期間が自動的に拡大されます。

タイムピッカーは、ダッシュボードに表示される新規の期間を反映します。いつでもデフォルトやその他の時間設定に戻ることができます。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: