ServerlessモニタリングでのAWS Lambdaのモニタリング

当社は、サーバーレスAWS Lambda関数の綿密なパフォーマンスモニタリングを提供します。このドキュメントでは、機能やしくみ、使用要件について説明します。

このLambdaモニタリング機能は、CloudWatchデータのみを使用するLambdaモニタリングインテグレーションと同じではありません。サーバーレスLambdaモニタリングでは、CloudWatchデータとコードレベルのインストゥルメンテーションの両方を使用して、より綿密なモニタリングを行います。

重要な理由

コード変更を行わずに、サーバーレス機能に対しモニタリングとオブザーバビリティのインストゥルメントを迅速に行う必要がある場合Lambdaレイヤーにより、Lambda機能の詳細な動作が一元的に可視化されるため、サーバーレスアプリケーションがどうなっているかを理解できます。

この情報すべてを使用してシステムのトラブルシューティングを行い、機能を最適化することで、アプリケーションが迅速に機能し、サーバーレスアーキテクチャで安心して配信できます。インストゥルメントの時間を短縮し、構築により多くの時間を費やします。

Lambdaモニタリングにより、次のことを行えます:

  • 詳細な持続時間やコールドスタート、例外、トレースバックなどのパフォーマンスデータを含む、Lambda関数のすべての呼び出し。
  • APIゲートウェイやALB SNS、SQS、DynamoDBなど、各AWS Lambda呼び出しをトリガーしたイベントについてのコンテキストと属性を提供する、AWS Lambdaイベントソース情報。
  • ディストリビューティッド(分散)トレーシングによりエコシステム全体を可視化: Lambdaへのリクエストのパスの表示、およびその他のディストリビューティッド(分散)トレースでのLambdaスパンの表示。
  • コンテキストにログインし、メトリックスや属性、トレースデータとともに、完全な呼び出しおよび機能レベルのログを提供します。
  • インベントリ化されたタグとメタデータ。当社はAWSエンティティから情報を取得し、それによりお客様は、チームまたは機能設定の特定のメタデータ属性、呼び出し自体のフィルタリングを行いファセットを適用できます。
  • クエリを作成せずに属性や関数ごとにダッシュボードとチャートにファセットをただちに適用し、カスタムデータについて詳しく知る、自動ファセットビルダーを使用してデータのクエリを行います。

Lambdaデータは、専用のUIで表示されます。

アクセスおよび要件

AWS LambdaのServerlessモニタリングを有効にすることで、Amazon Web Servicesの料金が発生する場合があります。説明のインストール/有効化では、LambdaデータをNew Relicにレポートするnewrelic-log-ingestion Lambda関数を使用することを推奨しています。log-ingestion関数はサードパーティサービスと見なされ、使用することでAWSの料金が発生した場合はお客様の負担となります。

サポートされたインストゥルメンテーションについてのその他の詳細:

  • サポートされた言語:Go、Java、NET Core、Node.jsおよびPython。エージェントの最小バージョン:

    • Go: 2.7.0

    • Java: 非該当、エージェントを使用しません

    • .NET Coreを使用している場合:非該当、エージェントを使用しません

    • Node.js: 5.6.4

    • Python: 4.6.0.106

  • 完全なLambdaインストゥルメンテーションについては、言語固有のAWS SDKの1つを使用する必要があります。AWS SDKを使用していない場合、Lambdaデータは最小限の詳細で、UIでの外部サービス呼び出しとして表示されます。

  • 次のサービスについては、「ターゲット」(Lambda関数名、SNSトピックARN、DynamoDBテーブル名など)のみがレポートされます。自動拡張、Athena、Batch、Cloud9、CodeBuild、DynamoDB、Greengrass、IoT、Kinesis(ストリーム、Firehose、アナリティクス、ビデオ)、Lambda、Lex、機械学習、MQ、Redshift、Rekognition、S3、SES、SimpleDB、SNS、SQS、Storage Gateway、STS。

次のステップ:Lambda監視を有効にして使用

Lambdaモニタリングの使用を開始するには、手順のインストールと有効化をご覧ください。

アラートのセットアップ独自のカスタムイベントや属性の追加も行えますすることもできます。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: