合成モニタリング

New Relicの合成モニタリングは、全世界のユーザートラフィックのシミュレーションを行うので、顧客が気づく前にパフォーマンス低下や障害を検知し解決できます。自動化されたスクリプト可能なツールを使用して、社内外のウェブサイト、重要なビジネストランザクション、およびAPIエンドポイントをモニターします。

速度の低下と不具合が生じないようにするには、次の3つの主要分野に注力します。

  • 可用性: アップタイムをプロアクティブに確認し、SLAを実行し、顧客のサイトの信頼性を確認します。クラウド移行の前後および最中に、パフォーマンスについてのベンチマークテストを行います。
  • 機能性: 新しい機能やサイトをディプロイする前後にテストとスクリプトを実行して、すべてが正常に動作することを確認します。ロードタイムや可用性、エラーについての、実際またはシミュレートしたエンドユーザーデータを分析します。
  • パフォーマンス: データを詳しく調べて、社内外のサイトの速度や個別のページロード、ページで提供される資産、APIの結果について理解します。

合成モニタリングデータは、New Relic Oneの一部です。これにより速やかに、元のアプリケーション(APM)やエンドユーザーのブラウザモニタリング、インフラストラクチャの健全性と照らしてのサイトの不具合についての状況を把握できます。

最初: 合成モニタリング
この例では、New Relic Oneで合成モニタリングを使用して、サイトの可用性や機能、パフォーマンスについての実行可能な情報を取得する方法を示しています。

問題のトラブルシューティングを行い解決する。

パフォーマンスを最適化します。

  • UIでリアルタイムパフォーマンスを見る。
  • テストスクリプトを作成し、ログインやチェックアウトのような重要なプロセスが常に円滑に実行されることを確認します。
  • データのクエリを行い、サイトのパフォーマンス改善を示すチャートとダッシュボードを共有します。