ディストリビューティッド (分散) トレーシングの概要

New Relicでは、現代の分散システムを監視・分析するためのディストリビューティッド(分散)トレーシングを提供しています。このドキュメントは、以下について説明します:

ディストリビューティッド(分散)トレーシングとは?

現代のアプリケーションとウェブサイトは、ますます相互接続サービスを使用するようになっています。多数のサービスまたはマイクロサービスに依存したアプリケーションアーキテクチャのことを、一般的に分散システムと呼びます。

ディストリビューティッド(分散)トレーシングとは、アプリケーションへのリクエストから生じる活動を追跡するプロセスです。この機能を利用することで、以下が可能になります:

  • 複雑なシステム上を行き来するリクエストのパスを追跡
  • そのパス沿いのコンポーネントのレイテンシを発見
  • パス上のどのコンポーネントがボトルネックとなっているかを把握

New Relicのディストリビューティッド (分散) トレーシング

ディストリビューティッド(分散)トレーシングのメインUIページ
rpm.newrelic.com/apm > (アプリケーションを選択) > Distributed tracing > Trace details: トレースを選択すると、異常なスパンを含め、サービスとスパンを確認できます。特定の時間範囲にズームインすることで、そのスパンの期間とその他のパフォーマンスデータを検証できます。UIの詳細に関しては、UIドキュメントを参照してください。

ディストリビューティッド(分散)トレーシングでは、リクエストが分散システムを経由するパスを見ることができます。分散トレースは、複数のスパンで構成されており、サービスあるいはサービスのリソースにかかった時間を表しています。

ディストリビューティッド(分散)トレーシングの機能には、以下が含まれます:

ディストリビューティッド(分散)トレーシングの有効化

ディストリビューティッド(分散)トレーシング機能では、さまざまなソースからのデータを使用できます。この機能を使用するには、具体的なデータソースについてのドキュメントをご覧ください。

クロスアプリケーショントレーシングとの関係

弊社のディストリビューティッドトレーシング機能は、これまでのクロスアプリケーショントレーシング機能を置き換えるものです。クロスアプリケーショントレーシングと比べて、ディストリビューティッド(分散)トレーシングはサービスをまたいだ活動のさらなる詳細、そしてより完全なエンドツーエンドの可視性を提供します。

Support for W3C Trace Context

New Relic supports the W3C Trace Context standard for distributed tracing. This initiative addresses the problems with broken traces that occur when distributed tracing vendors identify transactions with their own proprietary HTTP header formats.

A diagram showing the failure of a proprietary header.
Traces can be broken by incompatible headers.

HTTP headers act like passports on an international trip: They identify your software traces and carry important information as they travel through various networks, processes, and security systems. If these headers don't follow a standard format, you can have some problems:

  • The headers themselves might not get passed between each process as a request travels through your system.
  • Tracing software can't always stitch together each segment (span) to show the entire trip of a request.

To resolve these problems, the W3C specification defines a standardized format for trace context headers. This makes sure header information, including a single unified trace identifier, is propagated across all of the services or systems in a transaction.

For more details about W3C Trace Context at New Relic:

その他のヘルプ

推奨する詳細情報: