サービスマップの使用法

現在のサービスマップ機能の使用方法に関する情報は次のとおりです。以前のサービスマップ機能の使用については、レガシーAPMサービスマップを参照してください。

サービスマップは、使用環境全体にまたがる依存関係を迅速かつ簡単に視覚化するのに役立ちます。サービスマップは、御社のすべてのエンティティが、システム全体にまたがってどのような相互関連性にあるのか理解する手立てとなります。サービスマップで問題をトラブルシューティングして、利用環境の相互関連性を把握し、問題がダウンストリームに影響を及ぼさないことを確認できます。

サービスマップはクロスアカウントアクセスにも対応しているため、すべてのアカウントについてエンティティ間の関係を把握するのに役立ちます。

要件

サービスマップは、ディストリビューティッド(分散)トレーシングと共に、エンティティ間の関係性を結び付けます。ディストリビューティッドトレーシングを有効にしていない場合でもサービスマップは機能しますが、全てのエージェントのディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効にすることを推奨します。こうして、サービスマップを利用する間も一貫性ある体験を得る事ができます。

最善の結果を得るには、既存エージェントを最新バージョンに更新してください。マップのエージェントバージョンの最小要件は:

ディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効にした場合のバージョンの最小要件

ディストリビューティッド(分散)トレーシングを使用したマップのエージェントバージョンの必須要件は:

ディストリビューティッド(分散)トレーシングが有効でない場合のバージョンの最小要件

ディストリビューティッド(分散)トレーシングを使用していないマップのエージェントバージョンの最小要件は:

エンティティへの接続を追加または削除する

サービスマップを表示するには、one.newrelic.comからエンティティエクスプローラーをクリックします。表示するエンティティを選択した後は、サイドバーからサービスマップを選択します。

このマップは、貴社のアップストリームおよびダウンストリームのサービスを示しています:左側のエンティティはアップストリーム、また右側のエンティティはダウンストリームになります。エンティティへの接続を追加または削除するには:

  1. 変更したいマップのエンティティにマウスを合わせます。
  2. add or remove more connectionsをクリックします。
  3. 接続リストでは、マップで表示させたいエンティティのチェックボックスにチェックを入れたままにします。チェックマークのないエンティティは、マップから削除されます。

アラートの色分け

マップ上の各エンティティは、そのパフォーマンスごとに色分けされています。

  • square緑:現在、このエンティティのパフォーマンスに違反はありません。
  • square黄:このエンティティには未決のWarning(警告)違反があります。
  • square赤:このエンティティには未決のCritical(重大)違反があります。
  • square灰:このエンティティのアラート条件は設定されていません
  • square-o白:エージェントが報告していません。つまり、エンティティにインストールされたエージェントがデータを一切報告していないことを意味します。これは、データベースまたは外部において想定される行動です。

ダッシュボードにマップとチャートを追加する

ダッシュボードにサービスマップを追加する
one.newrelic.com > Dashboards: ダッシュボードにサービスマップを追加することで、報告されるデータならびにその出所のコンテキストを提供できます。

ダッシュボードには、任意のサービスマップを追加できます。たとえば、複数のエンティティに関するパフォーマンスメトリックスを表示しているダッシュボードの場合、サービスマップを追加することで全てのエンティティの関連性を示し、システムに関するさらなるコンテキストを提供できます。

ダッシュボードにサービスマップを追加するには:

  1. one.newrelic.comからEntity explorerを選択します。
  2. インデックスからエンティティを選択します。
  3. Service mapをクリックします。
  4. Add to dashboardをクリックします。マップを追加したいダッシュボードを検索します。

APIを使用して依存関係を理解する

NerdGraphでは、サービスマップで利用できるものと同じ関係の接続性を発見できます。詳細と例についてはNerdGraph GraphiQL relationships APIチュートリアルを参照してください。

マップにおける外部サービスとデータベース

New Relic UIでは、プロセス外サービスはウェブ外部またはバックグラウンド外部データと呼ばれます。外部サービスとデータベースは、サービスマップにおいて他のエンティティタイプとは若干異なる機能を有しています:

  • サービスマップに表示される、他のエンティティとは異なり、外部サービスは集計になります。マップで外部サービスをクリックすると、1つの外部エンティティにロールアップされる全ての外部サービスの一覧が表示されます。一部のエンティティには十数の外部サービスが報告されるため、これにはマップの混乱を減らす意図があります。
  • データベースはエージェントレスです。このため、New Relicにはサービスコールのみが報告されるため、データベースにアラートを設定することができません。

欠損ノード

New Relic Oneのサービスマップから特定のエンティティを表示できない場合は、トラブルシューティング:New Relic Oneにおける欠損または難読化データを参照してください。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください: